未来の宇宙船は“帆”で進む! エンジンも燃料も不要、SFだった太陽光で進む「ライトセイル2号」が実験成功!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
未来の宇宙船は帆で進む! エンジンも燃料も不要、SFだった太陽光で進む「ライトセイル2号」が実験成功!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 エンジンも燃料も使わない省エネ宇宙飛行が可能に? 太陽帆の実用化を狙ったマイクロ衛星実験の成功を、海外メディアが報じている。

■その薄さ4.5ミクロン! 衛星を運ぶ未来の帆

 数千年にわたって人の移動の助けとなり、いまや廃れてしまった“帆”という推進技術が、再び脚光を浴びようとしている。

 厚さおよそ4.5ミクロン、人の髪の毛の半分にも満たない厚みの帆が牽引するのは、巨大な木造船ではなく、片手に乗るほどの小さい衛星である。

 今年6月25日、米カリフォルニア州に本拠を置く国際的なNPO「惑星協会(Planetary Society)」は、民間開発のファルコン9ロケットにより、「ライトセイル2号(LightSail2)」の打ち上げに成功した。

 ソーラーセイル、すなわち太陽帆の実証を目的に製作されたライトセイル2号は、食パン大の人工衛星・キューブサットを本体としている。

 本体内部には4枚に分割された全長約6メートルのアルミメッキを施したマイラー製の太陽帆が収納されており、これを展開することで宇宙空間での自在な運動を可能とするものだ。

未来の宇宙船は帆で進む! エンジンも燃料も不要、SFだった太陽光で進む「ライトセイル2号」が実験成功!の画像2
「Daily Mail」の記事より


■SF上の構想が現実に

 太陽帆は、広く尊敬を集めた科学者であり、SF作家でもあったカール・セーガンによって1970年代に世に広められた。

 船体に対して極端に巨大な帆は、太陽から放出される光子または光の粒子を反射し、燃料を消費することなく駆動し、加速することができる。ロケットエンジンなどの手段に比し、生み出される推力の絶対量は乏しいものの、経済的かつ持続的な航行が可能だ。

「セイルの展開に成功! 私たちは日の光で航海しています!!」

 打ち上げからひと月ほどたった先月23日、同協会はミッションの一部始終をライブ配信するとともに、偉業の達成をツイートで報告している。

未来の宇宙船は帆で進む! エンジンも燃料も不要、SFだった太陽光で進む「ライトセイル2号」が実験成功!の画像3
「Daily Mail」の記事より

 文面から伝わってくる喜びの大きさには理由がある。それというのも打ち上げの成功が、必ずしも帆走の成功を約束するものではなかったためだ。コバルト合金の軸により、巻尺のように絡め取られた帆の展開が成功するには、地上からの操作が鍵となっていた。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。