「重力もダークマターも実在しない」ヴァーリンデの重力仮説が100年ぶりの物理学革命へ! 全てはエントロピーなのだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 アインシュタインは約100年前に特殊相対性理論及び一般相対性理論を発表し、物理学の常識を一新した。彼の名は専門分野を超えて、今や天才的科学者の代名詞にもなっているが、遂に彼に比肩する天才科学者が現れた。

 オランダ・アムステルダム大学のエリック・ヴァーリンデ教授は、アインシュタインの重力理解は完全に間違っている上、謎の暗黒物質ダークマターも存在しないとし、100年続いた物理学の基礎理解を真っ向から否定している。

「重力もダークマターも実在しない」ヴァーリンデの重力仮説が100年ぶりの物理学革命へ! 全てはエントロピーなのだ!の画像1
ヴァーリンデ教授。画像は「Big Think」より引用

「ヴァーリンデの重力仮説」は、重力を基礎的な力と見なさず、エントロピーによって創発された力だと考える。ちょうど、熱が物質の運動に付随した現象であるように、重力も他の基礎的な物質の活動に付随している“現象”だというわけだ。

 物理学の標準モデルでは、世界は4つの基礎的な要素(重力、電磁気力、弱い力、強い力)で構成されているとされるが、何年もの間このモデルでは説明できない現象がなおざりにされてきた。たとえば、最良の理論である一般相対性理論をもってしても重力そのものやダークマターを完全に説明できていない。

 ヴァーリンデの重力仮説は2009年の発表当初はあまりにも大胆な仮説のため学会からは好意的に受け止められなかったが、2016年にオランダ・ライデン大学の研究チームが、同仮説が実証データでも一致することを裏付け、世界に衝撃が走った

 研究チームは、恒星や銀河などが発する光が、途中にある天体などの重力によって曲げられたり、その結果として複数の経路を通過する光が集まるために明るく見えたりする現象である「重力レンズ」を観察。そこで得られた3万個以上の銀河における重力の分布を、「アインシュタインの理論(ダークマターモデル)」と、「ヴァーリンデの重力仮説」から導き出した重力の分布予測と比較したところ、両者ともに観測結果と一致したそうだ。

コメント

7:匿名 2019年8月31日 00:29 | 返信

>> 6

ありがとう。
僕も同じ事思ってたんだ。

6:匿名 2019年8月28日 19:11 | 返信

取り敢えず新説が正しいものだと仮定すると、ある程度は一般相対性理論の数学的内容と似通っていなければなりません。これは一般相対論がある極限においてニュートン力学と一致する事などと似ています。この極限の取り方は自明であって、この解釈において一般相対性理論はニュートン力学を含むと言えます。同様に新理論は一般相対性理論で実証された内容と等しい理論的予言が全て出来なければなりません。更に一般相対論は物体の質量や密度が時空間に影響を与える重力場の理論なので、新理論が時空間をどのように解釈するのかが見ものです。これは例えばGPSの計算補正が特殊相対論よりもむしろ一般相対論から多くを得られる事から時空間のダイナミズムを計算する理論としての説明能力が問われるのです。というよりも一般相対論は単に重力理論であるというよりもこの側面が非常に強いのです。このように、新しい理論が一般相対論で説明可能な事を余すことなく説明出来、かつ、数学的に自明性を持って近似し、包括する事の確認などが求められます。そして大事な事は一般相対論が破綻する領域の計算が可能な事や、ある同一問題について一般相対論と違う予言をして(この場合はダークマター)、実験や観測を通じて実証する事です。
上でも述べましたが興味深いのは、一般相対論が時空間を説明できるのなら新理論も同等以上の説明ができるはずであって、エントロピーが直接時空間のダイナミズムと関連を持つ解釈が生まれる余地があるということです。運動力学と熱力学を統一する重力理論の様相を帯びています。
もし新理論が一般相対論を超えるような事があれば様々な科学哲学的な解釈や問題が発生するでしょう。

5:匿名 2019年8月23日 21:05 | 返信

>> 4

4
その感覚の存在しないってのは正しいと思う。
全体の定義ができない以上、整合性が保たれているものは全て正しいから。

4:匿名 2019年8月23日 15:00 | 返信

・重力だけを考慮したシミュレーションでは実際の観測と一致しない
・シミュレーションにダークマターを考慮に入れると一致するが、計算が複雑になる
・真偽不明だがここの話では重力を異なる物理現象に解釈し、特異な振る舞いとすると簡素な計算で近似する(場合によっては観測と一致する)

↓↓
これってガリレオ時代の天動説・地動説と同じ状況では?
↓↓
・重力だけの理論=天動説と同じ、何か(どこか?相対性?観測者?)を基準点とした主観計算
・重力理論+ダークマター理論=観測と合わないのを無数の変数を代入することで整合性を取る──天動説の天体の動きを説明するために仮想の公転中心を挿入したように
・重力の異なった解釈=地動説

と、当時代と同じ状況なのでは?
↓↓
ダークマターとは単なる主観と客観の不整合の差分であり、実在しない可能性

3:匿名 2019年8月23日 13:39 | 返信

アインシュタインの提唱した説はもうすべて時代遅れでその一部は中学生でも見抜けるほどの矛盾もはらんでいたという、、、
昨今いろいろ言われてる新説も、あと100年ほどすればアインシュタインと同様に時代劇遅れの産物となる。
、、、
ついでに言うならば、科学的なことに限らず、非科学的なことでもすでに時代遅れになっているのにそれを信じ続けたり、あるいは裏で悪い人たちが関与していると暴露されてるにも関わらずそれに頼り続けたりとかそういうのもどうかと思っていつも見ています。

例えば聖書や冊子をいつも持ち歩いて玄関先にいつも二人組ほどで現れる人たちや、神秘的なものに傾倒していつも騙されちゃう人たちとか。
代替え療法を営んでいる人から聞いた話だとスピに騙され数百万も金を取られしかも病気も治らなかったとか、、全国にそういう人ごまんといるそうです。
何かを信じるときは“しっかりと勉強した上で自己責任”で。たとえ何かに騙されてもその全責任を背負う覚悟で。人のせいにしない覚悟ができれば自分で勉強する覚悟もできます。他者の言うことを鵜呑みにするのは勉強ではないです。したがって学校の勉強も勉強ではないですね、先生の言うことをただ鵜呑みにするだけなので。

2:トランプ大統領 2019年8月23日 00:59 | 返信

>> 1

ホーキング博士は私がいじりすぎてしまったために宇宙に逃げてしまったのだ!
所詮パペットとしての能力しかないので、彼は只の障害者でしかない。
彼の言葉を聞いたことがあるか?どう聞いても吹き込まれたロボットとしか思えんぞ!
長年に渡って学者として存在してきたが
そろそろ操っている張本人に出てきてもらいたいものだ。
ホーキング博士は死んでしまったので、復活させるにもクローンで蘇らせるか、霊媒師を連れてきて霊を呼び寄せロボットに憑依もしくはカプセルに霊を閉じ込めなくてはならない。
ブラックホールに入って出て来られるというので身をもって実験して証明してもらおう!
人間が入れる超大型の衝突型加速器を作って、衝突させてタイムトラベル!
トカナでも紹介されているようにタイムトラベラーが現れるのだから出来るはずだ!
博士の理論に間違いはないと皆信じている。不可能などない。挑戦することに意味がある!
ブラックホールに入る世界初のブラックな実験をユーモアをもって実現することに物理の発展がある!さあさあ、加速器に入ってもらおうか!
因みに放射線がすごいらしく超高熱で回るらしいので、小型の宇宙船が入れる大きさでなくてはならない。その船に乗って行ってらっしゃい♡

1:匿名 2019年8月22日 17:17 | 返信

哲学めっちゃ仕事してるやんね。
ホーキング博士は何を言っていたのだろう。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。