祖母を狂わせた『でる家』ー 本当にあった超怖い話・川奈まり子の実話怪談!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

画像は「Getty Images」より引用

 聞けば、弟は、居間にいたら隣の部屋から人の気配がしたので、聡さんが帰ってきたのだと思い、いったん廊下に出てその部屋の戸を開けたのだという。

 すると、そこは仏間だった。

 聡さんの弟も祖母の生前にここを訪ねたことがあったが、彼が物心つく頃から徐々に祖母の病態が悪化していったので、聡さんのように家の間取りを熟知するには至っていなかった。また、子どもであることから、仏間を整えて祖母の遺体を安置するときには、邪魔にならないように遠ざけられていた。

 だから一瞬ハッとした。

 そこには線香の香りが垂れ込めており、顔に白い布を被せた祖母の遺体が安置されていて、しかもいると思っていた兄の姿がなかったからだ。

 だから、すっかり怖気づいてしまったのだという。

 が、慌てて立ち去ろうとしたそのとき、祖母の蒲団の端がめくれて、隙間から幼い男の子が顔を出してこちらを向いたのだそうだ。

「誰?」

 反射的に訊ねながら、彼は、たぶん親戚の子だろうと考えた。

 お通夜とお葬式のために親に連れてこられたのだ、と。

「何してんの? そんなところに入っちゃダメだよ! 出ておいで! もうすぐお兄ちゃんがお菓子を買ってくるから、居間の方で待っていようよ」

 小学6年生である彼よりも、その男の子はずっと幼い顔立ちをしていたのである。

 蒲団の端に容易に潜り込めるぐらいだから、体も小さい。3、4歳ぐらいだろうか。そもそも、そんな常識外れの振舞いを見せるところが幼さを表している。

 だから優しく話しかけながら近づいたのだが……。

「僕のことをじいっと見つめてるだけで、その子はウンともスンとも言わなかった。だもんで、仕方ないから引っ張り出そうと思ったら、スッと蒲団の中に引っ込んじゃった! だからめくって探そうとしたところへ、お兄ちゃんが帰ってきたんだよ! 僕、悪くないよ! それにしても、どこ行ったんだろ?」

 念のため、聡さんも蒲団を上から触って確かめたが、死んでいる祖母の体以外、掛布団の下には何も入っていなさそうだった。

 仏間には仏壇の他は家具を置いていないので、他には隠れるところがない。

居間と仏間を仕切る引き戸は閉め切ったまま、戸の前に家具が置かれて壁と化しており、事実上、仏間の出入口は廊下側の1ヶ所だけである。

 そこから逃げ出してきたら、帰ってきた聡さんが気がつかないはずがない。なぜなら、仏間と居間に通ずる戸がある廊下は、玄関の真正面から真っ直ぐに伸びているので、部屋から人が出入りしたら必ず目に入るわけだから。

 ……まさか、煙のように消えたのか? 

そんな怪しい男の子といえば、あれしかいないではないか、と、聡さんは思った。

「男の子って、おばあちゃんが病院で話してた男の子じゃないか?」

 そう言うと、弟は飛びあがって慄いた。

「えっ! 怖くなるからやめて! ……でも、そう言われてみたら、そうだ……。だって、蒲団から顔を出したとき、なんだか裸んぼみたいに見えたんだ。肩先の肌も見えたからね。おばあちゃんも、あの子は服を着てないって言ってたよね? それに……今思うと、すごく青白くて……人間じゃないみたいな……」

(つづく)
<後編はこちら明日・配信>

文=川奈まり子

【連載:情ノ奇譚まとめはコチラ】

【実話怪談】100発100中の予知能力者が広島に存在、おでこに「画面が開く」女とは!? 川奈まり子の情ノ奇譚『予知』の画像4

■川奈まり子
東京都生まれ。作家。女子美術短期大学卒業後、出版社勤務、フリーライターなどを経て31歳~35歳までAV出演。2011年長編官能小説『義母の艶香』(双葉社)で小説家デビュー、2014年ホラー短編&実話怪談集『赤い地獄』(廣済堂)で怪談作家デビュー。以降、精力的に執筆活動を続け、小説、実話怪談の著書多数。近著に『迷家奇譚』(晶文社)、『実話怪談 出没地帯』(河出書房新社)、『実話奇譚 呪情』(竹書房文庫)。日本推理作家協会会員。

関連キーワード

コメント

1:トランプ大統領 2019年9月11日 02:17 | 返信

実話ではなく小説だろ?そんなその場にいたわけでもないのにドラマ風にセリフを書いたら小説としか思えん。どう見ても小説。ふざけてんのか?なんで横顔なんだ!
幽霊に憑依されて昔の人ように横顔にしているのか?
リアルにプレデターとも対峙し、真夜中に一人で山に何度も登って帰ってきた私ならば
事故物件だか幽霊のスポットだとかに一人で行っても別に何も感じないというか、出てきた試しもないので、もし出てきたら正体を暴いて、気に入らなかったら野菜を食わせて対処する。
そもそも、閻魔大王で死神で魔法使いのユダヤ人の私が幽霊と戦って負けるわけがないし
幽霊など人間にしか見えないのならば、確認しようがないぞ?幽霊という空想を作った奴を殴ってやりたい。それなら私の方が人間から無視されているので幽霊だと言える。どうせ幽霊しか私の理解者はいないのだ。幽霊の友達が欲しいし、幽霊で独立国家を作って世界征服してやりたい。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。