【衝撃】シベリアで2千年前のiPhoneが出土! 学者「これは科学的大事件」人骨と共にiPhone 11 Pro Max埋葬か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
関連キーワード:

,

,

,

,

,

 新型iPhoneの発表で世界が沸いている中、シベリアで見つかった2000年以上前の女性の墓から“iPhone”が出土したというニュースが話題となっている。英「Daily Mail」(9月8日付)ほか、多数メディアが報じている。

 ロシア連邦の南部、モンゴルとも国境を接するトゥヴァ共和国のアラテイ(Ala-Tey)遺跡は様々な時代の多くの遺跡が眠っているが、現在では広大なダムの貯水池の底になってしまっている。一年のほとんどは水中に沈んでいるため「シベリアのアトランティス」とも呼ばれる場所である。毎年アラテイ遺跡の水位が下がる数週間、考古学者たちは急ピッチで発掘作業を進めている。

【衝撃】シベリアで2千年前のiPhoneが出土! 学者「これは科学的大事件」人骨と共にiPhone 11 Pro Max埋葬か?の画像1
画像は「Siberian Times」より引用

 2016年、水が引いて広大な砂漠のようになったアラテイ遺跡で、およそ2137年前の匈奴の時代のものとみられる女性の墓が見つかった。まるで“iPhone”のようだと話題の遺物は、この墓の副葬品の一つである。それは18センチ×9センチと平均的なスマートフォンよりやや大きめなサイズの黒い板状の物体で、その大きさからするとiPhone 11 Pro Maxにカバーをつけたもののように見える。表面にはターコイズやカーネリアンといった宝石や真珠貝が並べて埋め込まれている。その見た目は、まるで黒のiPhoneをラインストーンでデコったようだ。

【衝撃】シベリアで2千年前のiPhoneが出土! 学者「これは科学的大事件」人骨と共にiPhone 11 Pro Max埋葬か?の画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 筆者も一瞬、某名作古典SF小説のラストシーンを思い出して小さなときめきを覚えたが、言うまでもなく、これはiPhoneではない。女性の腰あたりに乗せられた状態で見つかったことから、その正体はベルトのバックルと考えられている。

関連キーワード

コメント

7:匿名 2019年9月12日 18:25 | 返信

たぶん石の表面を磨いた鏡でしょ? 

6:匿名 2019年9月11日 23:34 | 返信

>> 4

戦士とは一体…

5:匿名 2019年9月11日 23:31 | 返信

iPhoneには見えないぞ

4:匿名 2019年9月11日 19:03 | 返信

ということは、それを装着すれば古代の戦士に変身できるんですね

3:M国党 2019年9月11日 14:40 | 返信

daily mailはイギリス版東スポ。sunは夕刊フジ。低知脳労働階級向けのタブロイド。 日本人は海外メディア発とかを畏れ尊ぶがトンデモメディアが跋扈するのは日本より上。どんな連中が、何を意図して、発信してるか、発信するコトにょって利益を得るのは誰か?それを考える楽しみもある。(笑)

2:匿名 2019年9月11日 11:38 | 返信

これはタイトルが悪いわ

1:匿名 2019年9月11日 11:21 | 返信

もうね……………………………………
開いた口が塞がらないwww

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。