【衝撃】宇宙人にしか見えない謎の「頭蓋変形の少年の骸骨」3体がクロアチアで発掘される! 頭の形それぞれ異なり…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 クロアチアで1500年前の3体の骸骨が発掘された。そのうちの2体の頭蓋骨は形が矯正された頭蓋変形であったのだ。

 

■クロアチアの遺跡で頭蓋が変形した骸骨を発掘

 2013年にクロアチア共和国オシイェクのヘイマノフ・バイノグラッド(Hermanov vinograd)遺跡で、大昔の3体の骸骨が発掘されている。そのうちの2つは、人工的に変形させられた頭蓋骨を持っていたことが、先日論文サイト「PLOS One」で発表された研究で報告された。

「Fox News」の記事より


 また奇妙なことに、その変形のさせ方が2体で異なっており、同じ場所で発掘されてはいるものの、それぞれ別の文化グループに属していることが示唆されることになった。

 人工頭蓋変形(Artificial cranial deformation)は、ユーラシアやアフリカから南アメリカに至るまで、世界のさまざまな場所で行われていたことがわかっている。乳幼児期のまだ頭蓋骨が軟らかい時期に、きつい首飾りや包帯、または専用器具を使うなどして、頭蓋骨を変形させるという風習である。

 現代ではなくなっている習俗だが、同様のものとしては、東南アジア山間部の村落で、選ばれた女性が首を長くするならわし、いわゆる“首長族”や、古代中国の女性の纏足などが挙げられるだろう。

 古代の文化には、社会的地位の高さや、特定のグループへの帰属、あるいは美の追求を目的とするなど、さまざまな理由で頭蓋骨が変形させられていたと考えられている。

「Fox News」の記事より

 頭蓋変形の風習が確認された最も古い例は1万2000年前の古代中国にさかのぼるが、これまでの研究によれば、この習俗がその古代中国の地域から世界中に広まっていったのか、それとも各地域それぞれが発祥知なのか、今のところは定かではない。

 研究チームは2014年から2017年の間に、DNA分析や、頭蓋骨の内部を調べるレントゲン撮影を含むさまざまな方法を使用してこれらの骸骨を分析した。

コメント

1:匿名ポツポツ 2019年9月2日 16:57 | 返信

【衝撃】宇宙人にしか見えない謎の・・・・・はぁっ?
あんたは、宇宙人を見たことあるのかい?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。