1万2000年前の東アジアにも“長頭人”がいたことが新判明!やはり宇宙人の影響か… 世界各地で驚きの“共通属性”が明らかに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 古代エイリアンの骸骨なのか――。後頭部がラグビーボール状に後ろに長くせり出した奇妙な骸骨が中国で多数発掘されたのだ。

■中国で11体の“長頭人”の骨が発掘される

 現存する“首長族”は多くのメディアでも取り上げられ広く知られるところになっているが、人類史上にはかつて頭が長い“頭長人”がいたことがいくつもの研究から示唆されている。そして今回、その頭長人を思わせるラグビーボール状の頭蓋骨を持つ人体の骨格が発掘されたのだ。しかし、どうしてこのような長い頭蓋骨をしているのか。

1万2000年前の東アジアにも長頭人がいたことが新判明!やはり宇宙人の影響か… 世界各地で驚きの共通属性が明らかに!の画像1
「Daily Mail」の記事より

 このような長い頭蓋骨を持って生まれる人々がいたという可能性も無きにしも非ずだが、これまでの研究から、乳幼児期からの意図的な“整形”によってこのような長い頭蓋骨になっていることがわかっている。

 米・テキサスA&M大学と中国・吉林大学の合同研究チームは先ごろ、中国東北部吉林省の「Houtaomuga遺跡」で25体の人骨を発掘した。人骨を放射性炭素年代測定(radiocarbon dating)にかけたところ、約1万2000年前から約5000年前のものとみられ、そのうちの11体の人骨の頭蓋骨はラグビーボール状に長いものであったのだ。

1万2000年前の東アジアにも長頭人がいたことが新判明!やはり宇宙人の影響か… 世界各地で驚きの共通属性が明らかに!の画像2
「Daily Mail」の記事より

 頭蓋骨伸長(skull elongation)の習俗は、特別な集団への帰属や社会的地位を意味していると考えられており、その起源は今から9000年から1万年前にさかのぼるとされている。意外なことに世界各地でみられ、マヤ文明や、北アメリカ先住民などをはじめ、ヨーロッパやアジアでも長い頭を持つ人骨が発掘されている。

 研究チームによれば、11の“頭長人”のうち5つは成人のもので、さらにそのうちの1つが女性のものであるということだ。11の“頭長人”の年齢層は幅広く、下は3歳から上は40歳ほどであるという。

 研究によれば、この頭蓋骨の整形は、身分の高い個人や特定の一族に所属していることを示すものとして行われていたと考えられている。

 細長い頭蓋骨の3歳の子どもの人骨は陶器や工芸品などと共に埋葬されていたことから、裕福な家庭の出身であることを示唆するものになっている。頭が長い成人女性も多くの貝殻を用いた装飾品に囲まれて埋葬されており、子どもと同じく高い身分の人物であったことが示されることになった。長い頭はいわば“セレブ”の証であったのだ。

コメント

2:トランプ大統領 2019年7月21日 03:00 | 返信

長頭に変形させていたタイプとそうでないのとは分けないと。
それと、出来たらDNA鑑定しておくべきだ。中には変形させていないのがいるらしい。
今のシナ人は絶壁頭だから段々横に広がって大きい頭が余計に大きく見える。しかも、四角い。
そのうちに頭蓋骨でピラミッドが作れそうだ。長頭とは無縁というか逆方向になっている。
長頭では髪型に苦労しそうだな。サッカーするのにも額が上向きだから、思い切り顎を引いて頭頂部でヘディングするしかない。倒れた時は後頭部を打ち付けて大怪我しかねない。
やはり不便だと思う。
私の考えでは、こいつらは人造人間であって実験で作られたモルモットだと思う。
巨人も同じく、用がなくなったのでチョン天皇に始末されたのだ。
突然いなくなるのはあり得ない。どこかに連れ去られたのもいるだろうがいなくなったというのはもう用がないからだ。昨今でいうとナチスみたいなものだな。どこかになくなっただろう?
それと近いことが昔にもあったと思う。ナチスがいなくなった後、偽ユダヤ人が集って建国とかおかしいだろ!この世界はゴキブリの住処となっていったのである。キモイいキモ過ぎる。

1:匿名 2019年7月19日 15:24 | 返信

巨人が長頭だったのか、巨人と長頭の人間は別ものだったのか、だんだん分からなくなってきた。
ここではこの長頭人が2m越えだという記述はないので、宇宙人や巨人というわけではなく、普通の人間が頭の整形をしたという事なのかな。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。