宇宙人か、新種か…“パラカスの頭蓋骨”に新展開! 最新DNA鑑定で示された“驚き”の新事実、人類史変わるレベルか!

 1928年にペルー南部パラカスで発見された、約3千年前のものと推測されている“パラカスの頭蓋骨”――。この謎の頭蓋骨をめぐる動きに新たな展開が起きている。


■先天異常の人類の亜種である可能性

 これまでに実に300以上の“パラカスの頭蓋骨”が見つかっているが、その異様に長く変形した頭蓋骨はエイリアン説とも、あるいは幼少時に頭部を木の板で挟み人体を変形させる人工頭蓋変形説とも言われ、長らく物議を醸している。

宇宙人か、新種か…パラカスの頭蓋骨に新展開! 最新DNA鑑定で示された驚きの新事実、人類史変わるレベルか!の画像1Express」の記事より

 DNA鑑定もすでに何回か行われているが、初期の鑑定ではパラカスの頭蓋骨が生物の類縁関係や進化に基づく系統を示す系統樹に属さないことが報告されている。現生人類であるホモ・サピエンス、そして最も近い化石人類のネアンデルタール人やデニソワ人とも異なる未知のミトコンドリアDNA変異体を持っているとして、やはり地球外生命体ではないかと世間を騒がせたのも記憶に新しい。

 今回、現地のパラカス歴史博物館とペルー政府が共同で行った、最新となるDNA鑑定とその結果が発表され大きな注目を集めている。

 同館長を務めるブライエン・フォレスター氏の報告によると、この不思議な形状の頭部を持つ人々は遺伝子の異常で先天的に生まれてきた、人類の亜種である可能性があるとのこと。黒海とカスピ海の間で発見されていた、同様の長い頭を持つ種と共通のDNAが見られたという。

宇宙人か、新種か…パラカスの頭蓋骨に新展開! 最新DNA鑑定で示された驚きの新事実、人類史変わるレベルか!の画像2画像は「Brien Foerster」より
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ