黒塗りの鏡「ダークミラー」の呪いが怖すぎる! 博物館で封印、覗いた者が次々と… 凶悪エピソードとは!?=米

 覗き込んだ者を恐怖に陥れる“ダークミラー”が実在するという。超常現象調査の専門家までをも怖気づかせるその鏡は今は厳重に封印されている――。

■博物館に寄贈された“ダークミラー”

 古来から多くの文化で鏡にまつわるミステリアスな言い伝えがあり、その中にはオカルト的な伝承も少なくない。そして現実にこの世に存在する不気味で危険な鏡があるという。それは“ダークミラー”だ。

 現在、このダークミラーは米ケンタッキー州コビントンに拠点を置くパラノーマル巡回博物館「The Traveling Museum of the Paranormal and the Occult」で厳重に封印されたうえで保管されているということだが、もちろんそうなる前には紆余曲折のストーリーがあった。ダークミラーはどのような経緯で発見され、その恐怖のパワーが実証されたのか。

黒塗りの鏡「ダークミラー」の呪いが怖すぎる! 博物館で封印、覗いた者が次々と… 凶悪エピソードとは!?=米の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 ダークミラーを所蔵する同博物館のオーナーであるグレッグ・ニューカーク氏によれば、このダークミラーは「サラ」と名乗る女性から寄贈されたものであるという。

 このダークミラーはサラさんの母親が超能力者たちの集まるコンベンションで購入してきたものであるという。“ミラー”とはいうものの、その表面は艶のない黒色だ。

 サラさんの母はこのダークミラーを“邪悪なもの”であるとして、サラさんにはひと目も見せることなく入念に包み込みクローゼットの奥にしまい込んでしまったという。ダークミラーを覗き込んだ母親にいったい何があったのか?

 そこでサラさんは超常現象の専門家でもあるニューカーク氏にこのダークミラーを寄贈することに決めたのだという。

 ニューカーク氏はサラさんの申し出を快諾し、このダークミラーを博物館のコレクションに加えた。しかし話を聞いたニューカーク氏は自分では絶対にこのダークミラーの鏡面を見ないと心に決めたということだ。

黒塗りの鏡「ダークミラー」の呪いが怖すぎる! 博物館で封印、覗いた者が次々と… 凶悪エピソードとは!?=米の画像2
「Mysterious Universe」の記事より

 博物館でこのダークミラーを展示してみることにしたのだが、鏡面には覆いをかけ、来館客に向けてこのダークミラーがどんないわれのある鏡であり、興味を持った際には“自己責任”で覆いをめくって覗くようにと警告文を掲示したのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ