「骨の湖」ー 最新科学でも解明できない、ヒマラヤの奥地に眠る正体不明の人骨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 ヒマラヤの奥地に眠る正体不明の人骨――。「骨の湖」と名付けられたループクンド湖の謎を、海外メディアが取り上げている。

 

■日本兵の遺体と誤認 氷河湖に眠る人骨の謎

 インド北部、中国およびネパールとの国境に接するウッタラーカンド州、標高5000メートル。切り立った山々が連なるヒマラヤ山脈の一角に、「骨の湖」と呼ばれる氷河湖がある。

 ループクンド湖――人里から離れ、夏季を除いては雪と氷に覆い尽くされる、小さく浅い、瓦礫に囲まれた水たまり。多くの者が足を運ぶ理由が思いつかないその場所から、突如として数百体もの人骨が発見されたことが、俗称の由来となっている。

 事の起こりは第二次大戦の只中である1942年、未踏地の探査にあたっていたハリ・キシャン・マドワル(Hari Kishan Madhwal)が、これらの人骨を発見したことに始まる。

 インドを支配下におく大英帝国は報告を受け、その正体を越境攻撃を企てた日本兵の遺体ではないかと推測したが、劣化具合はより古い年代の骨であることを如実に物語っていた。

 そして時代はめぐり、21世紀。現地における簡易的な調査のほかは、ほぼ顧みられることもなかった人骨の謎に、ようやく科学のメスが入ることとなる。

「Daily Mail」の記事より

 

■悪天候による大量死か?

 2004年に『ナショナルジオグラフィック』誌が遠征隊を組織し、副葬品とともに30体分の人骨を回収したことを皮切りに、本格的な研究は始まった。

 湖に散乱する人骨には共通点があり、頭蓋骨や肩甲骨に著しい損傷が確認されていた。また地元には、王族が巡礼中に暴風雨に巻き込まれて遭難死したとの伝説も存在していた。

 これらの事実から、突然の嵐によってクリケットボール大のひょうが降り注ぎ、湖の付近を通過していた旅人の大量死を引き起こしたとの仮説が立てられた。湖は身を隠す木々すら生えない標高にあり、満足に避難ができなかったというこの説には説得力があったので、研究者の間では有力なものとして語られるようになった。

 だが、そのような事故による影響を否定する新発見が、直近の研究によってもたらされた。

コメント

2:追記 2019年9月29日 04:20 | 返信

その人たちは、意図した時期まで生き、意図した時期で死ぬ(自殺でない)、ことができるためもしかすると集団自殺的(何度も言うが自殺でない)に死んだのか?
生きたい時まで生き、死にたい時に死ねる。
生と死を自在に操る修行僧の集団。

1:匿名 2019年9月28日 15:49 | 返信

修行僧のような人たちがひっそりと暮らす村がインドのどこかにあると聞く。もしかするとその人たちの村があったところか?
しかし、その後その人たちはどうなったかは不明。一説によると全員死んでる可能性もある。
ただ、この人たちは非常に長寿であり、若い人でも数百歳、もっとも高齢な人は数千歳とも言われる。しかし見た目年齢はまだ十代の少年少女のような人たちだそうだ。
骨の年代がバラバラなのは年齢にばらつきがあるから?
何故それほど長寿なのかは不明。不老不死の方法をどうも知っているようだ。古代の中国の皇帝たちもこの人たちの存在をもちろん知っており、だから不老長寿の方法を探してこいと無理難題とも言える命令を家来に吹っ掛けていたんだよね。
様々なジャンルの成功者たちもこの人たちの存在を知っておりこの人たちに憧れていたんだよね。
かのビートルズもこの人たちの大ファン。
スティーブ・ジョブズもたぶん知ってる。同ジャンルの書籍を読んでいるので。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。