中世の“セックス狂・修道女”の骸骨が出土 ― 埋葬方法から判明したスキャンダラスな背景とは=イギリス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

Maria Rosa.S

,

セックス

,

中世

,

発掘

,

骸骨

 以前トカナでは、大量の骸骨がケンブリッジ大学の地下より出土されたというニュースをお伝えしたが、またもや英国で骸骨が発見され、その中に一際興味を惹かれる骸骨があると、5月27日付けの「DailyMail」が報じている。明らかになった興味深い時代背景とは――?

■かつて尼僧院があった場所から92体の骸骨が出土

 名門サッカークラブ、オックスフォード・ユナイテッドFCの本拠地、カッサムスタジアム近郊の教会の敷地を発掘調査中に、600~900年前のものとみられる合計92体の骸骨が発見された。

 発掘作業を率いている調査機関「John Moor Heritage Services」のポール・ムライ氏によると、発見された骸骨は女性だけのものではなく、男性や子どものものもあるとのことである(女性35体、男性28体、性別不明なもの29体)。そして、その中に今回注目されている骸骨があったのだ。

 元々、この現場には1110年に建てられた「Littlemore Priory」という尼僧院があった所なのだが、人々の興味をひいているのはある一体のうつ伏せになった女性の骸骨だ。埋められた際に、罪を償うよう懺悔をさせられているようなポーズをとっているという。

oxfordskeletons1.JPG
うつ伏せの骸骨 「Discovery News」の記事より

 これは「うつ伏せ式埋葬」と呼ばれており、世界中でこの類の遺体が数百体発掘されているが、特にイギリスでは多く、今までに200体を超える骨格が発見されている。専門家はこれらの「うつ伏せのものは、罪人として埋葬されている印であることが多い」と指摘。その場合の埋葬場所は墓地の隅で、墓穴は浅く掘られており棺もない。魔女や罪人が埋葬される際にこの形がとられていたという。

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年12月 1日 00:00 | 返信

黙示録に大淫婦バビロンと描かれているのはどう読んでもバチカンですが彼等はは昔から本物のクリスチャンを迫害していたそうですから、彼等が本当に風紀の乱れで殺されてたか解らないですよ。
尼さん、坊さんの貞操まで配って殺してそうですね。

1:匿名2018年9月17日 21:32 | 返信

この記事だけでは何とも…
「破廉恥でふしだらな」ってのは、場合によっちゃ言い過ぎだ。
宗教観100%による評価を、前置きなく そのまま一般的な記載をするのは無理があるんじゃないか?

乱交や売春をしてたら、確かに一般的に破廉恥でふしだらと言えるだろうが
そこは記事の中で明らかにされていない。
「特定の人間とだけ付き合って、私生児を設けた修道女が複数いた」というだけなら
現代の感覚では破廉恥とまで言えないからだ。

破廉恥でふしだらってのは、人を人として見ない古い時代だからこその評価に見えるよ?
「聖職者は常に品行方正であって当然。男女関係なら猶の事」という感覚が強い時代の評価だからね。
人として破廉恥かどうかはまた別の話。

私生児以上に運営体制の問題が大きかったんじゃないだろうか。
「修道院の中の物品や娘の持参金を搾取し、質に入れたり」こっちの方が100倍問題だからな。
私生児くらいなら、そこの修道女をリストラ・全入れ替えをすれば良いが
金銭の問題は教会全体の信用に関わって命取りになるだろうから。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。