かつて北関東に出没した「殺人お菓子おじさん」の謎! 紳士のふりして… 子どもが次々餌食にされた実態暴露

【日本奇習紀行シリーズ 北関東】

かつて北関東に出没した「殺人お菓子おじさん」の謎! 紳士のふりして… 子どもが次々餌食にされた実態暴露の画像1
画像は「getty images」より

 いつの時代にも、おかしなことにのめり込む人というのはいるもので、そうした人々が日々垣間見せる言動は、多くの場合において、周囲からなかなか理解され難いものであり、それが思わぬ騒動を巻き起こすことも珍しくないようだ。

 

「私もまだ子供の頃だったものだから、あまりよくはわからなかったけれども、後になってみると、やっぱりおかしなこと、たくさんあったんだよなあ」

 

 かつて北関東のとある地域で暗躍していたという、“謎の男たち一行”についてそう語りはじめたのは、当地で少年時代を過ごしたという荒牧義雄さん(仮名・81)。荒牧さんの話によると、今から約70数年前の1940年代後半、当地には、「お菓子のおじさん」と呼ばれる謎の中年男性が出没したのだという。なんでも、彼は常に何人かの少年たちを従えており、そんな彼らに連れていかれる形で、その「お菓子のおじさん」の元へと出向くと、当時はまだまだ貴重だった外国製の珍しい菓子などがもらえると、当地の子供たちの間で、ちょっとした噂になっていたのだそうだ。

 

「そりゃあもう、当時はね、甘い物というだけで、ほとんどの子供たちはヨダレが出るほどだったからね。それも舶来菓子をもらえるだなんて聞いたら、ひょいひょいとついていったものだよ。ん? その人(※お菓子のおじさん)についてはよく知らないけども、もともと大富豪だった親の遺産を相続して、近くの街に住んでる大金持ちだっていうふうに聞いていたよ」

かつて北関東に出没した「殺人お菓子おじさん」の謎! 紳士のふりして… 子どもが次々餌食にされた実態暴露のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル