写真撮影で“ピースサイン”は絶対してはいけない! 凶悪犯罪の標的に!?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

写真撮影でピースサインは絶対してはいけない! 凶悪犯罪の標的に!?の画像1
報道を受け、早速Vサインの指を消すユーザーも(中国版Twitter「微博」より)

 みんなでVサインをしてスマホで自撮りし、SNSに投稿する――そんな当たり前の光景が、今後は見られなくなるかもしれない。

 中国メディア「澎湃新聞」(9月15日付)によると、写真から指紋を読み取られるリスクがあるというのだ。

 9月16~22日、中国では「国家網絡安全宣伝周(サイバーセキュリティウィーク)」と銘打ち、各地でインターネット上の安全を喚起するさまざまなイベントが開催された。それに先立ち15日、上海では「全民体験日」という屋外イベントを開催。上海信息安全行業(情報セキュリティ業界)協会の張威副主任が警鐘を鳴らしたのが、冒頭の指紋を読み取られるリスクについてだった。

 張氏によれば、撮影した写真から人工知能(AI)を駆使して指紋を復元することはたやすく、1.5~3mの距離で撮影した場合、復元できるのは50%程度だが、1.5m以内であれば100%復元できるという。昨今はセキュリティ強化の観点から、スマホの画面ロック解除から決済に至るまで指紋認証を利用されることが多いが、指紋を読み取られてしまえば悪用されかねない。特に決済サービスの場合、アカウント情報も一緒に盗まれたら簡単に不正使用できてしまう。

写真撮影でピースサインは絶対してはいけない! 凶悪犯罪の標的に!?の画像2

イメージ画像:「Getty Images」

 撮影の際に3m以上離れれば読み取られる心配はないようだが、スマホの場合、自撮りすることも多く、3m以上離れて撮る方が稀というユーザーも多いだろう。投稿する場合はVサインをしないのが一番の自衛となるが、うっかりやってしまった場合は、画像加工しておいたほうが無難かもしれない。

 これからの写真アプリには、指紋を自動的にぼかす機能が必須のようだ。

文=大橋史彦

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.10 17:30日本
日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.09 17:30日本
中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.07 18:00海外
中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.06 18:00海外
波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.07.19 13:00異次元

写真撮影で“ピースサイン”は絶対してはいけない! 凶悪犯罪の標的に!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル