【警告】米軍が10年かけて作った超極秘・最恐軍事AI「センシエント」発動間近! もうすぐ実戦で『ターミネーター』が現実に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 もはや人間は将棋や囲碁でAIにかなわないことが判明してしまったわけだが、ファンの間で楽しまれている「ウォーゲーム」でも当然、AIに勝てるはずもないのだろう。そして現在、米軍では実際の戦場で指揮を執る“軍事AI”を開発していることを先日明らかにした。その名も「センシエント(Sentient)」である。

■10年がかりで開発された軍事AIシステム「センシエント」

 名作SF映画『ターミネーター』の冒頭部分では、人類の軍隊と“ロボット軍”の激しい戦闘シーンが繰り広げられているが、あのロボット軍を指揮しているのは当然ながらAI(人工知能)ということになるのだろう。いわば軍事AIである。そして現在、米軍では軍事衛星と連動した軍事AIが開発されていることが先日公表された。

 アメリカ国家偵察局(National Reconnaissance Office、NRO)は先日、2010年10月から極秘で軍事AIシステム、コードネーム「センシエント(Sentient)」の開発に取り組んでいることを明らかにした。センシエントはアメリカの軍事衛星と完全に統合されたAIシステムで、この軍事AIは今後すぐにでも実戦に投入される可能性があるということだ。

米軍が10年かけて作った超極秘・最恐軍事AI「センシエント」とは!? もうすぐ実戦で作戦指揮担当、『ターミネーター』が現実に!の画像1
「Disclose.tv」の記事より

 公表されたものの、センシエントの具体的な情報はほとんど明かされておらず、政府当局者はこのAIシステムで何ができるのか、そして将来の戦場でどのように使用されるかについての質問は最小限の回答にとどまっている。もちろん軍事機密と安全保障上の理由だろう。

 しかしこのような“ビッグブラザー”に成り得るような大掛かりなAIシステムが、一般国民が知らないうちに開発されていたというのは何やら不気味な話ではある。もし近いうちに限定的な軍事紛争が勃発した際には、この軍事AIがいきなり作戦指揮をつかさどることになるかもしれないのだ。

「センシエントは大量のデータを取り込み、処理します。センシエントは通常のパターンをカタログ化し、異常を検出し、敵の潜在的な軍事行動の予測とモデリングを支援します」とNROの広報副局長であるカレン・ファーガソン氏は米ウェブメディア「The Verge」に話している。

米軍が10年かけて作った超極秘・最恐軍事AI「センシエント」とは!? もうすぐ実戦で作戦指揮担当、『ターミネーター』が現実に!の画像2
「Disclose.tv」の記事より

 センシエントがどのような軍事的意思決定をするのかは具体的には明らかにされていないが、たとえば移動式ミサイルを動かすかどうか、どこに動かすのか、などの“指令”を下すと考えられるという。盤面で「アルファ碁」が次の一手を繰り出すように、軍事作戦がセンシエントの指揮の下で進められる日は近いということなのだろうか。

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

2:匿名 2019年10月9日 16:18 | 返信

AIの意味を正しく理解していない人が、聞きかじりやネットの知識なんかでAIを記すとこうなるといった文章。SFなんかとは関係なく、軍事におけるAIは30年以上も前から実用化をみているのにね・笑 たとえば、いまのイージス艦のイージスシステムやそれ以前のターターにしてもそう。イージスシステムは従来のリアルタイムシステムから、将来的に乗組員の意思決定までも取り込むエキスパートシステムへと移行するといわれているが、システムの中枢はどちらもAI。ただ、モード区分でAIの関与の度が違っているだけのこと。今後さらにAIの能力が高まると、艦の場合は、たとえば防空のみのイージスシステムに特化することなく、対艦、ASW等の個々のシステムを含めて艦全体を一元的に包括的に統合、運用でき、それによって従来の乗組員のオペレーション、作業量が削減され処理速度が向上すると、人間の側は、その分、対象や現象、目標についての状況判断や分析に集中できるようになる。これはまさに記事のとおりだが、つまり今以上に、複数の目標に対する敵味方の識別や攻撃手順、使用武器の選択等々を短時間におこなうことができる。陸や空の部隊やその運用にしても同じで、それまで個々の担当要員が分担していたオペレーションが削減、もしくは担当要員自体や部署がなくなって、より少数で多次元的な情報処理やオペレーションができるようになる、いわばそれだけのこと。問題を提起するのなら、AIが何しでかすかわからないよってことよりも、だからそれに携わる人間は、より慎重に選ばないとね、だろ?

1:トランプ大統領 2019年9月19日 18:32 | 返信

戦略AIか、まず手始めにイランと戦争をするのに使用されるのか?とりあえずイランなど石油が高くなるし、放置しておいて構わないと思うのだ。それよりも中国やロシアだ。核兵器を使わせずに勝利する事に意味があるが、AIの出番はまだ無いだろうな。まだ、戦争の準備が出来ていない。戦略AIも良いが、人間選別して自動的に撃ち殺せるAI搭載の殺人マシーンを作って貰いたい。ガンタンクの様な感じでも良いしタチコマの様な感じでも良いし、ドローン兵器でも構わん。大量殺戮兵器を作って増えない様に人口抑制&不細工のチョンのパペットを始末する事が悪の宇宙人に勝利する事ができる。俺の一人勝つ事で敵を抑制する事が出来るので必要な事だ。一人というが全員の勝利だ。戦後は戦争は小規模になり、世界大戦は無くなるだろうが、大量殺戮する戦争など序章に過ぎん。まだ奴は直接的なダメージなど無いので宇宙人を探し出す為に監視していく事だ。とりあえずターミネーターというかメイドロボというか単純作業を減らすロボットを作成し、私のパペットを増やして頭のおかしい人たちを排除していく事になる。(ΦωΦ)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。