【速報】量子の「二重スリット実験」大きい物質でも成功! 遂にマクロとミクロの世界がリンク「物質波実験の質量は一桁上がる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
【速報】量子の「二重スリット実験」大きい物質でも成功! 遂にマクロとミクロの世界がリンク「物質波実験の質量は一桁上がる」の画像1
画像は「getty images」より

 量子力学はその名にある通り量子を扱う物理学の一分野だ。量子とは物理量の最小単位のことである。量子力学が扱う超ミクロの世界では、通常の物理学では考えられない不思議な現象が起こる。たとえば、「粒子と波動の二重性」は特に有名だろう。量子は粒子であり、波であるという摩訶不思議な事態だ。

 このことは二重スリット実験で確認された。二重スリット実験は、光子(量子)は“波”であり“粒子”でもあるという二面性を同時に持っていて、その“振る舞い”が“観測”によって変わることを証明した実験である。実験において細長い縦長の隙間(スリット)が空いた板が用いられることからその名がついた。観測された光子は粒子となり2つのスリットを通り、2本の縞を形作る。しかし、観測されていない光子は波のように2つのスリットをすり抜け、干渉縞を残す。

 ところで、こうした不思議な現象は光子のように極めて小さい量子でなくとも起こっているのだろうか? そのことが、今回科学誌「Nature Physics」に掲載された論文で明らかになった。

・「Nature Physics

 科学ニュース「Science Alert」(10月5日付)によると、オーストリア・ウィーン大学の研究者らが行った実験で、2000個の原子を結び付けた分子でも粒子と波動の二重性を持つことが分かったという。この分子は1つの水素原子の25000倍の質量を持つ。

【速報】量子の「二重スリット実験」大きい物質でも成功! 遂にマクロとミクロの世界がリンク「物質波実験の質量は一桁上がる」の画像2
二重スリット実験と干渉縞。画像は「Science Alert」より

 普通、分子は大きくなればなるほど、安定性が損なわれるが、研究者らは物質波干渉計と呼ばれる装置を使い、7ミリ秒だけ干渉させることに成功したという。地球の自転、重力も考慮されたが、確かに「量子論と一致し、古典的な物理学では説明できない結果」が出たとのことだ。

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

関連キーワード

コメント

4:匿名 2019年10月10日 09:56 | 返信

これを進めていくといずれ情報通信だけでなく物質の量子テレポーテーションも可能になるのか?

3:匿名 2019年10月10日 08:34 | 返信

2番の奴は中卒云々以前に脳の病気を疑ったほうがいいと思うんだが

2:トランプ大統領 2019年10月10日 02:57 | 返信

うーむ。素人にはどのようにして、実験してビームがそのようになっているのか、全く分からんが、物質を大きくして、そんな実験をしていったい何になるのだろう。波に何でなるんだというのは解明は出来ないんだろう?大きさなど穴に通るだけの大きさしか出来ないのだから、どこまで大きくなるんだとかビームを打って遊んで面白いって感じに思えてならん。量子力学の説明している動画があったが私は中卒であるからしてそこまでの勉強しておらんのですべては理解は出来なかったが、その動画では数式で説明はされていた。それが合っているかなど、専門知識がないので分からんがな。大体、その実験をやったわけでもないので、本当にそうなっているのかすら私には疑わしい。人類は操られているからして、実験結果を捏造歪曲し全員で妄信して、そうだと言っているだけかもしれんし、真実を隠して利用しているかもしれんので、全部自分で実験してみたり、考察してみないと納得いかんが、今は調べられんので、とりあえず、そういうことにしておいてやる。
そんな下らん実験するより、どれだけコストを抑えて、ビームを打って破壊できるかを研究すべきである。サイエンティストは人どれだけ殺せるかで評価されるのだ。すくなくともノーベルはそういう男だ。殺人兵器で稼いだ金で優秀な学者を表彰するなどブラックジョークとしか思えん。

1:匿名 2019年10月9日 15:39 | 返信

2017年に日本の理化学研究所が「幾何学による『流れ』の統一」で、局所的な熱平衡状態における定式化も可能と発表している。一方、大局的な熱平衡状態については、すでに理論的定式の完成をみているわけだから、この記事にある「今も成功していない」というのは、ちょっと言い過ぎというか、最新論文をあつかう上では、いささか認識不足では?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。