【量子論】我々はいくつもの世界に同時に存在している! 世界が分岐しまくっている「多世界解釈」の最先端を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
【量子論】我々はいくつもの世界に同時に存在している! 世界が分岐しまくっている「多世界解釈」の最先端を解説!の画像1
画像は「WIRED」より

「実在とは何か?」

 物理学は世界の客観的な姿を明らかにする学問のはずだった……しかし、量子力学の登場とともに、その自明性が疑問視されるようになった。

 量子の奇妙な振る舞いの1つに「重ね合わせ」がある。たとえば、電子のスピンが“上向き”と“下向き”の両方の状態を持つ場合などを指す。普通に考えて同時に正反対の方向へ回転するなど不可能だが、量子力学では認められている。最終的にスピンの向きは観測によって決定されるが、主流とされるコペンハーゲン解釈では、重ね合わせは確率分布として捉えられている。

 すると、イタリアの理論物理学者エットーレ・マヨラナが、「科学は、もはや実在界を認識しようとはしておらず──社会科学における統計学と同様──実在界に介入してそれを統治することだけをめざしている」(『実在とは何か マヨラナの失踪』講談社)と指摘しているように、コペンハーゲン解釈では実在を語る余地はないのである。

 これに対し、世界を実在論的に見る道を残したのが、ヒュー・エヴェレットの多世界解釈だ。多世界解釈では、確率論的に状態が決定するのではなく、あらゆる可能なパターンの諸世界が分岐していくと考える。

【量子論】我々はいくつもの世界に同時に存在している! 世界が分岐しまくっている「多世界解釈」の最先端を解説!の画像2
画像は「getty images」より

 有名な思考実験である「シュレディンガーの猫」では、観測前は箱の中の猫が死んでいる確率50%、生きている確率50%であり、観測した瞬間に生死が決定するが、多世界解釈では、観測前は1つだった世界が、観測後には生きている猫を見ている観測者の世界と、死んでいる猫を見ている観測者の世界とに分岐するとする。

 このように、多世界解釈では、観測者さえも世界との重ね合わせにあると考えることで、世界の分岐、そして多世界の存在を想定できるようになったのだ。そのことを米カリフォルニア工科大学の物理学者ショーン・キャロル氏が、米誌「WIRED」(9月10日付)のインタビューで、さらに詳しく語っているので一部引用する。

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

4:トカナかな? 2019年9月18日 11:19 | 返信

これ別に驚くことではないからね。
ヒルベルト空間で『世界』を説明しているだけで。
あなたの『世界』は正しいし、あなたが意識しようとしまいとあなたはヒルベルト空間に実在している。
何が好きとか悪とかなんでもいいけど、その前に私達の実存がどんな『世界』で成り立っているのかは、色んな『世界』で世界を見てほしいと思いまーす。

3:匿名 2019年9月18日 09:41 | 返信

ジョジョ五部は量子論を取り入れた漫画だったんだな。昔読んでた頃は気が付かなかったけど
コペンハーゲン解釈のキングクリムゾンが多世界解釈のGERに否定される結末
観測した結果にたどり着くことなく、永久に分岐した世界を観測させられ続ける哀れなボス。

2:匿名 2019年9月17日 20:02 | 返信

戦場でマナーなんて言ってたら死ぬお(・∀・)
コミケも戦場、ネットも戦場(*´Д`)
バキューン、ズドーン、シュバババ!!
来たな…テーマ( ・`д・´)勝負!

1:日本人のマナーの悪さは朝鮮人や中国人のそれをすでに超えている。この間のコミケの件でもわかるし、そもそもネット民のマナーの悪さを見れば一目瞭然だ。 2019年9月17日 19:03 | 返信

、、、

今後全世界に注目されるであろうテーマ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。