亡き父に4年間メッセージを送り続けていた女性に返信が届く! 娘を亡くした父親が受信相手で… 全米が涙した奇跡!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

亡き父に4年間メッセージを送り続けていた女性に返信が届く! 娘を亡くした父親が受信相手で… 全米が涙した奇跡!の画像1

 亡くなった父親に4年間メッセージを送り続けていた女性に思いもよらない出来事が起こった。

 英紙「Daily Mail」(10月27日付)によると、米アーカンソー州に住むチャスティティ・パターソンさん(23)は、4年前に亡くなった父ジェイソン・リゴンズさんの携帯電話に毎日メッセージを送り、日々の出来事を報告していたという。

 パターソンさんはリゴンズさんの4周忌の前日に次のようなメッセージを送った。

「お父さん、私よ。明日はまた辛い日になるね。この4年間、一日でもお父さんのことを忘れたことはなかった。色んなことがあったけど、全部報告しているから知ってるよね……」(パターソン)

 パターソンさんは4年の間、がんとの闘病生活や大学生活、失恋などを経験し、その全てを亡き父にメッセージで報告していたのだという。そして、不安な結婚生活を前に、父がそばにいてくれたら良かったと語っている。

 もちろん、このメッセージに対し、パターソンさんはリゴンズさんからの返信を期待していない。だが、驚いたことに返事があったのだ。

亡き父に4年間メッセージを送り続けていた女性に返信が届く! 娘を亡くした父親が受信相手で… 全米が涙した奇跡!の画像2

「お嬢さん、私はあなたのお父さんではありませんが、この4年間ずっとメッセージを受け取ってきました。朝のメッセージや夜に送ってくれる日々の報告を楽しみにしていました」

 パターソンさんは父の電話番号からメッセージを送っていたが、すでに別の人物がその番号を使っていたのだ。パターソンさんの気持ちを踏みにじりたくないとの思いから、ずっと正体を隠してきたのだという。

「私はブラッドと言います。2014年の8月に交通事故で娘を亡くしましたが、あなたのメッセージが私に生きる希望をくれました。あなたは素晴らしい女性です。私の娘もあなたのような人になってくれていたらと思います。毎日のメッセ―ジありがとう。そのおかげで、神様がいることを思い出しました。そして、娘が亡くなったのは神様のせいじゃない、あなたをくれたのですから」

 ブラッドさんの返信を受け取ったパターソンさんは、この出来事をフェイスブックに投稿。すると、全米に深い感動を巻き起こし、すぐにシェア数は26万を超えたという。今後、パターソンさんは「お父さんを休ませてあげる」と語っている。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。