「愛犬にキス」しただけで四肢と顔面まで失った男が悲惨! 犬猫の“半数以上”が保持、凶悪すぎるバクテリアの正体は!?

「愛犬にキス」しただけで四肢と顔面まで失った男が悲惨! 犬猫の半数以上が保持、凶悪すぎるバクテリアの正体は!?の画像1
愛犬の唾液と自身の体質が原因で手足と顔の一部を失ったグレッグさん 「The Daily Mail」より引用

 アメリカの科学者らが先日、遺伝子の突然変異により、ペットの飼い主が犬や猫の唾液に対して特殊な反応を起こすケースがあると発表した。

 アメリカでは過去10年間で少なくとも6人が、カプノサイトファーガ・カニモルサスと呼ばれる珍しいバクテリアに対する深刻な反応を起こしていることがわかっている。このバクテリアは犬や猫が体内に普通に保有しており、動物にとって危険性はないが、人間が感染すると死に至る可能性もあるという。

 ウィスコンシン州に住むグレッグ・マントイフェルさん(49)はペットのピットブルに舐められたことが原因で、腕と脚、鼻の一部分、上唇まで失うこととなった。

 グレッグさんは2018年6月、発熱と吐き気、下痢を発症し、当初は風邪をひいたものと思っていた。しかし、次第に病状が悪化したため病院で血液検査を受けたところ、カプノサイトファーガ・カニモルサスに感染していることが判明した。

 14年に日本で行われた研究では、犬の69%と猫の54%がこのバクテリアを保有しているという結果が出ており、犬や猫にかまれたり舐められたりすることで、人間に感染することもあるという。

 ほとんどの人は感染してもなんの症状も出ないが、感染しやすい体内免疫システムを持つ人にとっては重い病気にかかる原因となることが、03年にフランスで行われた研究によりわかっている。

 グレッグさんにどのような持病があったかは不明だが、このバクテリアが原因で敗血症にかかり、鼻と両手、そして脚のひざから下が黒く変色してしまった。

「愛犬にキス」しただけで四肢と顔面まで失った男が悲惨! 犬猫の半数以上が保持、凶悪すぎるバクテリアの正体は!?の画像2
画像は「The Daily Mail」より引用

 20回以上に及ぶ手術を受け、グレッグさんは左右の腕のひじから下と、両足の中間を切断した。

 手術後は順調にリハビリをこなし、今では義手と義足を使った動きも急速に上達しているという。

 ちなみに、グレッグさんは退院後、自宅でピットブルに何かの拍子に引っかかれたり、口を舐められたりすることもあるが、体になんの問題も起こっていないという。

文=赤井倫太郎

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ