中国版ロズウェル事件を政府が正式調査! 空軍もUFOを認め…貴州UFO事件の闇が未だにヤバイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

 世界における未確認飛行物体(以下UFO)に関する事件としては、1947年に起こったアメリカのロズウェル事件が最も有名だ。また、日本でも1975年に起こった甲府事件が知られている。しかし、中国でUFOの目撃情報は複数あることはあまり知られていない。中国国内では、UFOが着陸した事例も報告されている。

 中国に数あるUFO目撃例の中で、もっとも信憑性をもって語られているのが、“貴州UFO事件”である。

 事件は1994年11月30日深夜3時頃、中国西南部に位置する貴州省貴陽市白雲区で起きた。この地域の住民たちはいつもと変わらない静かな夜を過ごしていたが、深夜に突然異変がが訪れた。地域一帯を、巨大な轟音と爆風が襲ったのだ。住民の一部は轟音と爆風の正体について、「とても大きな音がして外に出てみると、空中に巨大な赤と緑色の光を強く放つ物体を見た。物体は村の近くの森林の中に落ちていくように消えていった」と地元メディアに証言している。

中国国営テレビ・CCTVでも複数にわたり特集番組が放送された。写真は実際の着陸現場の様子。

 さらに当時、この地域で夜勤業務に従事していた警察官、羅維俊と王軍の2名の証言によると、「空に巨大な赤い光を放つ物体を2つ確認し、大きな音と立っていられないほどの大きな風が吹いていた」という。物体の音については、蒸気機関車が走行するときの車輪音を大きくしたような巨大な音だったとも証言している。

 その後、日が昇りあたりが明るくなってくると住民たちは信じられない状況を目の当たりにする。飛行物体が落ちた森林を確認したところ、不思議なことに4カ所に分かれ、合わせて27ヘクタール(東京ドーム5.7個分)もの範囲で、多くの木々がまるで何かとぶつかったかのように、地面から数十センチの箇所で折れていたのである。中には根元から抜かれたかのように倒れている木もあり、謎は深まるばかりであった。しかし、この森林の中からは住民が目撃した飛行物体などは発見されなかった。

木々がなぎ倒されていた場所の3D写真。画像は「百度百科」より引用

 この不思議な事件はすぐに地元メディア・貴陽晩報で報じられ、この白雲区はUFOが墜落した地域として中国全土に広がっていった。中国メディアが次々とこの話題を報じたことも影響してか、ついに中国政府までもが公式に調査を行う事態へと発展したのだ。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年11月2日 18:09 | 返信

中国って科学万能でオカルトとなえた奴は殺されるんじゃなかったのか

1:トランプ大統領 2019年11月2日 17:09 | 返信

全てチョンの仕業だ。私も数メートルの近距離で見たので分かる。そいつは病気だから飛び回って、はしゃいでいるので撃ち落として良い。人間とグルなので非常厄介である。ホモでもあるのでまた現れるかもしれんな。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。