マジで恐ろしい「ツタンカーメンの呪い」が招いた7つの死! 病死・射殺・自殺・焼死・怪奇メモ… 今も深まる謎!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 日本では現在、東京・国立科学博物館で特別展「ミイラ」が開催中だ。内容の充実ぶりから、連日活況を呈しているという。しかし、軽々しくミイラに近づくことは時に悲劇を招くこともある。最も有名なミイラの呪いは、もちろん「ツタンカーメンの呪い」だろう。この伝説は、7つのミステリアスな死によって生まれた――。

■邪悪な力がカーナボン伯爵を死に至らしめた

 まず記録に残された最も古い例は、1550年にアレクサンドリアでミイラを2体購入し、母国ポーランド行きの船に積み込んだニコラジ・ラジウィル王子だった。

 王子の乗る船で、古代エジプト人の亡霊の目撃が相次ぎ、激しい嵐によって船が沈む恐れが出た時、ラジウィル王子は2体のミイラを船外に投げ捨てた。嵐はすぐ収まり、亡霊は現れなくなったと言われる。

 しかし、ファラオの呪いの伝説が本当に始まったのは、1922年のツタンカーメンの墓の発掘からであった。

マジで恐ろしい「ツタンカーメンの呪い」が招いた7つの死! 病死・射殺・自殺・焼死・怪奇メモ… 今も深まる謎!の画像1
ツタンカーメンの頬の傷はカーナボン伯爵の致命傷になった傷と一致するといわれた 「Daily Star」の記事より

 エジプト学者ハワード・カーターが、カーナボン伯爵がスポンサーになって行っていた発掘作業で、王の手付かずの墓を見つけた。

 そのことを小説家のマリー・コレッリがカーナボン伯爵に宛てて手紙を書いた。その中でコレッリは、封印された墓を開くことで起きる危険をカーナボン伯爵に警告したという。

 しかし警告もむなしく、その2週間後カーナボン伯爵は死亡した。

 遺体解剖では、伯爵は髭剃りをしている時に、頬にあった蚊の刺し痕を傷つけ、そこから感染症が広がったと判断された。

 一説には王のミイラから包帯が取り除かれた時、ミイラにあった皮膚の傷は、カーナボン伯爵の頬の傷と大きさも位置も正確に一致したといわれる。またカーナボン伯爵が死んだまさにその瞬間、カイロで停電があったともいわれている。

 当時、神秘現象に興味を持っていた作家のアーサー・コナン・ドイルも「邪悪な力がカーナボン伯爵に致命的な病を引き起こしたのではないか」という独自見解を発表した。

マジで恐ろしい「ツタンカーメンの呪い」が招いた7つの死! 病死・射殺・自殺・焼死・怪奇メモ… 今も深まる謎!の画像2
墓の一部の入り口には呪いが刻まれていた。しかし象形文字が解読されるまで、誰も読めなかった 「Daily Star」の記事より

 それでも、呪いの物語がカーナボン伯爵だけで終わっていたら、単なる「人のうわさも75日」で済んでいただろう。しかしその後も、あり得ないような偶然の一致が連続して起こった。

コメント

4:匿名 2019年11月10日 08:55 | 返信

呪いがあるのかどうかは知らんが、フツーに人様の墓を堂々と荒らして遺品を堂々と盗み何もないことの方がむしろおかしい

3:匿名 2019年11月9日 21:07 | 返信

ネタが古すぎる
呪いでもなんでもなくでっちあげだったんだろ
当時の新聞が暴露してたんだって

2:匿名 2019年11月9日 20:00 | 返信

70年代TV「ゲゲゲの鬼太郎」の悪役が最後に祟りで目と鼻が陥没して絶命するエピソードは今でもトラウマだわw

1:あたし新聞 2019年11月9日 19:19 | 返信

呪いを受けなかった人は、
「棺の下に置かれていた麦を栽培して、その麦でパンを造って食べたから。」
っと聞いた事が在るが、その話が本当ならば、そのパンに解毒作用があったのでは?
呪いの正体はおそらく「遅効性の毒」だと思う。

コメントする

あたし新聞のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。