人類進化の空白「ミッシングリンク」が遂に埋まる!二足歩行を始める前の類人猿が判明!

 人類の祖先はいつからどのように二足歩行を始めたのか? 四足歩行と二足歩行の間をつなぐ“ミッシングリンク”がついに見つかったかもしれない。論文は今月6日付の世界的科学誌「Nature」に掲載され、世界中がこの大発見に注目している。

A new Miocene ape and locomotion in the ancestor of great apes and humans (Nature)

人類進化の空白「ミッシングリンク」が遂に埋まる!二足歩行を始める前の類人猿が判明!の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 人類の大きな特徴である二足歩行については、足の裏全体を地面につけて歩行するゴリラのようなサルから進化したという説と、脚より腕を使って移動することの多いオランウータンのようなサルから進化したという説がある。

 2015〜18年の発掘調査で、この謎を解く大きなヒントとなる化石がドイツ・バイエルン州で発見された。約1160万年前に生息していた二足歩行する前の類人猿の化石で、手足や指、つま先、脊椎などの骨がよく保存されていた。この新種は「Danuvius guggenmosi」と名付けられ、これまでの調査で成人男性1人、成人女性1人、そして未成年の男の子1人の4人分が見つかっているという。成人男性は身長1メートル、体重31キロほどだったと推定されている。

人類進化の空白「ミッシングリンク」が遂に埋まる!二足歩行を始める前の類人猿が判明!の画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 この新種はオランウータンなどのように腕を使って枝にぶら下がったり移動していたようだが、その一方で二足歩行する人類のようにまっすぐな脚を持っていたと考えられるという。基本的には樹上生活をしていたと推測されるが、地上での四足歩行はもちろん、足の裏全体を地面につけた二足歩行も可能だったとみられている。

人類進化の空白「ミッシングリンク」が遂に埋まる!二足歩行を始める前の類人猿が判明!の画像3
画像は「Daily Mail」より引用

これは古人類学における画期的な発見です」と述べるのは、論文の筆頭著者独エバーハルト・カール大学テュービンゲンのマドレーン・ベーメ(Madelaine Böhme)氏である。ベーメ氏は化石の足首や膝などに注目しており、「特定の骨が類人猿よりも人間に似ていることに非常に驚いた」と予想外の研究結果への興奮を語っている。またベーメ氏によると、Danuvius guggenmosiの歩き方は現在の人間の歩き方ともゴリラのナックルウォーキングなどとも違ったユニークなものだったということだ。

 また興味深いのは、この化石がドイツで発見されていることだ。今回の発見によって、二足歩行への進化がアフリカでなくヨーロッパで起きていた可能性が提示されたのだ。人類は一体どのように進化したのか、新たな発見はその謎解きを加速させるだろう。

参考:「Nature」「BBC」「Daily Mail」ほか

編集部

人気連載
【速報】縄文タトゥーがビームスとコラボ! 服飾も登場…日本から世界に発信する「モダン・プリミティブズ」実践始動!

【速報】縄文タトゥーがビームスとコラボ! 服飾も登場…日本から世界に発信する「モダン・プリミティブズ」実践始動!

『クレイジージャーニー』(TBS系)が終了して久しいが、ケロ...

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

コメント

8:匿名 2019年12月17日 11:55 | 返信

この新種は「Danuvius guggenmosi」と名付けられ、これまでの調査で成人男性1人、成人女性1人、そして未成年の男の子1人の4人分が見つかっているという。
         ↓
この新種は「Danuvius guggenmosi」と名付けられ、その後の調査で発掘された成人男性1人、成人女性1人、そして未成年の男の子1人と合わせて、計4人分が見つかっているという。

7:匿名 2019年12月6日 18:27 | 返信

>> 6

見つかった奴とプラス三体で四体だと思って読んだ
最初足りないって思ったよ
トカナごときの書き方だとまぁこんなもんだろね
編集部の記事としても
ポンコツライターもちょいちょいいるから

6:匿名 2019年11月12日 13:58 | 返信

>成人男性1人、成人女性1人、そして未成年の男の子1人の4人分

人数が合ってないんじゃね?

5:匿名 2019年11月8日 20:58 | 返信

サイヤ人の大猿化とは進化なのか退化なのか…スーパーサイヤ人ゴッドは神なのか人なのか…

4:匿名 2019年11月8日 16:32 | 返信

>>3の補足
神=人間の脳ミソが考え創造した産物である、つまり人間がいなかったら神という想像上の
  産物は生まれてはいなかった、牛や羊・豚が敬虔な祈りをしているところを見たことが
  ない、家畜を屠ることを神に許されたなぞと言うのは人間の脳ミソの勝手な創造の範疇
  でしかない、鯨を殺すなとステーキを喰いながらよくぞ言えたものだ。

3:匿名 2019年11月8日 16:04 | 返信

Nature誌が何を発表したって!何を発表しょうが、権威があろうが無かろうが俺は全く
信じないよ、日本のノーベル医学・生理学賞受賞者が言っていた、ネイチャー・サイエンス
の発表は9割方嘘だと10年経って残るのは1割だとね、あのSTAP細胞論文撤回したのは
裏でFM組織が動いていたともNatureがFM組織の傘下にあるとも言われている後年STAP
細胞の再現に成功したとアメリカ大学が特許取得したりドイツ大学が再現したとニュース
になったが、これ等は皆、手技を変えようとも再現の基本にあるものは小保方氏の手技の
延長線上の再現に外ならない、つまりSTAP細胞はアメリカ大学の教授が小保方氏に伝授
したようにあったのである只、発現の方法を知らなかったそれを小保方氏が発見しただけ
只、これは将来莫大な儲けに繋がる、だからこそFM組織が動いて特許まで取得したので
ある、アメリカに持って行かれた発明はこれだけに留まらない。
権威があろうが無かろうが俺はNature誌の書いていることは信じないしミッシングリンク
が完全に補完されない限り進化論は信じない、勿論神に創造されたなんてのも信じない。

2:聖帝 2019年11月8日 06:44 | 返信

相変わらずトラソプ君はキマッテマスネ‼️だが大体話し方のパターンが分かってきてしまったので飽きた。たまには変えてくれよ。

1:トランプ大統領 2019年11月8日 02:04 | 返信

今まで見つかっていなかったのに今更見つかるなどというのはおかしな話だ。
インチキ商売しているんじゃないかと思わざるを得ん。チョンの差し金ではないのか?
嘘がバレたら奴は終わってしまうからな。必死なんだろう。
ハイハイ、間違ってます。全部、人造人間で宇宙人のロボットとして作られました。
他の生物も全部ロボットとして使われている人工物です。悪のロボット宇宙人のチョン天皇が全て創ったので機工物と言った方が良いのかもしれん。すべての生物はコントロール出来ま~す!
明日、全員死ねと言えば殺すことも可能!
例えば、私が横須賀で釣りをしていた時に一匹のダツが目の前に泳いできて、急いで釣り上げようとルアーを投げたら、食いつかず、すごい速さで泳いで行き、残念に思って他の仕掛けを遠投したら、偶然仕掛けにそのダツらしき奴が落ちパクして、釣り上げることが出来たのだが、釣った後にタイミングよく知らない雑誌社の方がやって来て、雑誌に乗せる写真を撮らせてほしいとお願いされたので、快く承諾し、写真を撮り、3週間後くらいに雑誌に載るかもしれないということを告げて、名刺までくれて去って行ったが、後日調べるとその雑誌は長らく休刊しているようで、明らかに嘘だったのだ!余りも魚を釣ってから写真を撮るまでがタイミングが良すぎて気持ち悪いくらいなので、恐らくチョンに操作されて一連の事が起きたのではないかと思うのだ。俺はインプラントされて行動を読まれているし、奴は魚まで操れることが分かった。鳥や猫を操って動かしていたのは知っているが、そういう食べ物になり得る生物も奴は操れるということは、恐らくすべての生物は人造生物の偽物であって、本物ではないという可能性があるのだ。ミッシングリンクがあって当然と言えよう。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。