ブラックホールに弾き飛ばされ超高速で移動する「暴走天体」の謎、ついに解明! 信じられない天文現象発生!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
超高速で暴走する天体の謎、ついに解明! ブラックホールが恒星を吸い込み… 信じられない天文現象発生!の画像1
画像は「getty images」より

 超爆速で天の川銀河を走行する謎の星が発見された。

 米「CNN」(12月12日付)によると、オーストラリア・サイディング・スプリング天文台が、時速約600万kmで移動する星「S5-HVS1」を地球から2万9千光年離れた場所で発見、この“記録破り”の速度の裏にとんでもない天文現象があることが学術雑誌「王立天文学会月報」に掲載された論文で明らかになったという。

「S5-HVS1の道筋を天の川銀河の中心まで追ってみました。するとエキサイティングなことが分かったんです」

 そう語るのは、オーストラリア国立大学のゲイリー・ダ・コスタ氏だ。この星の移動速度は先述したように時速約600万km。約24秒で地球を1周できるほどの速度だ。これは通常の恒星の10倍の速さだという。なぜ、こんなに“加速”してしまったのか? それにはブラックホールが関係しているという。

 天の川銀河の中心に位置するいて座A*には大質量ブラックホールが存在するが、これに連星が近づいたことにより、ブラックホールに弾き飛ばされるような形で加速してしまったそうだ。

 しかし、ブラックホールはあらゆる物質を飲み込むはずではないだろうか? どうやって星を弾き飛ばしたというのか?

超高速で暴走する天体の謎、ついに解明! ブラックホールが恒星を吸い込み… 信じられない天文現象発生!の画像2
画像は「getty images」より

 確かにブラックホールに近づいた恒星が1つだったなら、それはそのままブラックホールに吸い込まれてしまっていただろう。だが、今回は連星だったのだ。連星とは2つの恒星が両者の重心の周りを軌道運動している天体のことである。

 オーストラリア国立大学のトーマス・ノードランダー氏によると、連星がブラックホールに近づくと奇妙な天文現象が起こるという。

「連星がブラックホールに十分に近づくと、ブラックホールはそのうち1つの恒星を引き込み、もう1つの連星は高速で弾き飛ばしてしまうのです」(ノードランダー氏)

 S5-HVS1は約500万年前にブラックホールに弾かれたと見られている。ちょうど人類が二足歩行をし始めた頃だ。今後は天の川銀河の外に向かって進んでいき、1億年という天文学的な意味で“すぐ”銀河系を出てしまうとのことだ。その後は、なにもない間銀河空間をほぼ永遠に彷徨い続けるという。

超高速で暴走する天体の謎、ついに解明! ブラックホールが恒星を吸い込み… 信じられない天文現象発生!の画像3
ブラックホールに弾き飛ばされる連星系。画像は「Daily Mail」より
人気連載
あなたの恋愛依存度がバッチリわかる4択数字テスト! 引き寄せ力や対処法も… Love Me Doの当たるアドバイス!

あなたの恋愛依存度がバッチリわかる4択数字テスト! 引き寄せ力や対処法も… Love Me Doの当たるアドバイス!

■あなたの“恋愛依存度” 「以下の数字から、気になるもの...

人気連載
2020年を最高にするための「開運アクション」が判明! 筋トレ、断捨離、貯金…Love Me Doが解説!

2020年を最高にするための「開運アクション」が判明! 筋トレ、断捨離、貯金…Love Me Doが解説!

■2019年ラスト1ヵ月の過ごし方 「以下の選択肢から、...

コメント

1:匿名 2019年11月16日 14:23 | 返信

ニュース記事を読んでよく分からなくて、トカナでもう少し詳しく説明してくれているのだろうけれど…全然分からないアホな自分が悲しい。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。