科学者が「ワームホールの作り方」を遂に論文で発表! ブラックホールを”宇宙ひも”で固定…実現可能!

【速報】科学者が「ワームホールの作り方」を遂に論文で発表! ブラックホールを宇宙ひもで固定…実現可能!の画像1
画像は「Live Science」より引用

 物理学者が“ワームホール”の作り方を公開した。科学ニュース「Live Science」(8月28日付)において、オハイオ州立大学の宇宙物理学者ポール・サッター氏がその方法を解説している。

 ワームホールとは、宇宙の2つの地点を結ぶ宇宙的なトンネルのことである。何千光年も離れた場所でも、ワームホールを通れば理論的には一瞬のうちに目的に到着することができる。わずか100年ばかりしか生きられない人間にとっては、何としてでも手に入れたい代物である。

・「Physicists Just Released Step-by-Step Instructions for Building a Wormhole」(Live Science)

 サッター氏によると、ワームホールの最も簡単な作り方は、ブラックホール(なにも逃れられない場所)とホワイトホール(何も入れない場所)を繋げて宇宙トンネルを開通してしまうことだという。しかし、ホワイトホールの存在は確かめられていないため、難しいとのことだ。

【速報】科学者が「ワームホールの作り方」を遂に論文で発表! ブラックホールを宇宙ひもで固定…実現可能!の画像2
画像は「Live Science」より引用

 そこで、7月29日にオンラインジャーナル「arXiv」に公開された論文で、米・カリフォルニア大学の理論物理学者らが注目したのが、荷電ブラックホールだ。その名の通り、電荷を帯びたブラックホールを指すが、このブラックホールの内部は奇妙な構造になっており、重力の特異点が引き上され、歪められており、別の荷電ブラックホールへのトンネルを形成している可能性があるという。

 だが、このワームホールには2つの問題があると指摘している。1つは極めて不安定である点だ。何かがそのトンネルを通れば、すぐに崩壊してしまう可能性があるという。

 2つ目は、正負反対の電荷を帯びたブラックホールは互いに引き寄せ合うため、もし2つが最終的に合体してしまったら、ワームホールとして使えない“役立たずの”ブラックホールになってしまうことだという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ