レプティリアンに直接インタビュー! 爬虫類人の歴史、宇宙人、UFO、地球空洞説を暴露!

レプティリアンに直接インタビュー! 爬虫類人の歴史、宇宙人、UFO、地球空洞説を暴露!の画像1
画像は「UFO Insight」より


 地球の真の支配者だとされるレプティリアン。爬虫類のような外見をしていることからそう呼ばれているが、人間社会ではヒトの姿にシェイプシフトし、裏から世界を牛耳っていると噂されている。有名なところでは、米トランプ大統領や英エリザベス女王といった世界の要人、マーク・ザッカーバーグやジャスティン・ビーバーといった大物実業家やセレブらにレプティリアン疑惑がかけられている。また、レプティリアンが人間を食べているというおぞましい話もある。

 彼らは人類に本性を悟られぬよう狡猾に人間社会に溶け込んでいる。しかし、そんな鉄の掟を破ったレプティリアンが存在する。UFO探求サイト「UFO Insight」(12月11日付)によると、1999年にレプティリアンの独占インタビューが行われていたというのだ。2000年代初頭には「The Lacerta Files」という名でインターネット上に姿を現したそうだが、今になって再び脚光を浴びている。

 インタビューが行われたのは南スウェーデン某所、Ole・Kという人物が、レプティリアンのLacertaに直接インタビューしたそうだ。その時のトランスクリプトが今も残っている。

 インタビュー前編はコチラ

レプティリアンに直接インタビュー! 爬虫類人の歴史、宇宙人、UFO、地球空洞説を暴露!の画像2

画像は「UFO Insight」より

・UFO

 UFOについてLacertaの答えはこうだ。

「いくつかのUFOは本物であり、人類、特に軍部に属しているもの、もしくはエイリアン種族、あるいは我々レプティリアンに属している」

 レプティリアンのUFOの多くは人里離れた山の山頂に隠されているそうだ。円盤型の小型UFOを所有しているが、実はこれらは別の宇宙人種族が作ったものだという。

・衣服

 Lacertaは人間の姿でいる時、もちろん人間の服を着ているわけだが、それは彼女にとって快適なものではないという。内地球に帰り、元の姿に戻ると、服は着ないそうだ。レプティリアンの誰も衣服を身に着ける文化がないらしい。

・レプティリアンの歴史

 レプティリアンの歴史は人類よりもはるかに古い。彼らは恐竜の時代から存在したという。隕石の衝突により恐竜は姿を消したとされているが、それは事実ではないそうだ。実はエイリアン同士の戦争が起こり、地球がその戦場になったためだという。

 この時、レプティリアンも戦争に参加したが、それはLacertaとは別の種族だったという。このレプティリアン種族は“この宇宙”ではなく、“多宇宙の泡”からやって来たそうだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ