研究で「胎児はトカゲの手をしている」ことが新発覚! 謎の“爬虫類筋肉”の名残が超話題、科学界に激震!

関連キーワード:

,

,

,

,

研究で「胎児はトカゲの手をしている」ことが新発覚! 謎の爬虫類筋肉の名残が超話題、科学界に激震!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 私たちは先祖が数億年かけて辿ってきた進化の道のりを“母親の胎内で”一気に体験している――ということなのか!? 現在、学術誌「Development」で公開された生物学分野の新発見が大きな衝撃をもって受け止められている。なんと、人間の胎児の手足に「爬虫類の特徴」が見られるというのだ。オカルトが現実になったようなこの展開、さっそく詳細についてお伝えしよう。

■胎児の手足に“現れて消える”謎の筋肉

 今回、私たちの人間観さえ刷新する(?)衝撃の事実を発見してしまったのは米・ハワード大学(ワシントンD.C.)の研究チームだ。今月1日、英・BBCをはじめとする多数の海外メディアが一斉に報じたところによると、発育過程にある胎児15人の身体に現れる変化について分析していた研究チームだが、胎児の手足に不思議な筋肉があることに気づいた。

研究で「胎児はトカゲの手をしている」ことが新発覚! 謎の爬虫類筋肉の名残が超話題、科学界に激震!の画像2
画像は「The Daily Mail」より引用

 スキャン画像を見ると、中手骨や中足骨(手足の甲を構成する5本の骨)に、まとわりつくように小さな筋肉が形成されているではないか。その数は30にも及ぶが、だいたい妊娠7週目までに現れると13週目にかけて次第に減少し、誕生時には周囲の筋肉に吸収されるように消失してしまう。研究者たちは不思議な筋肉を「dorsometacarpales」と呼ぶことにしたが、四肢に同じ筋肉を維持し続ける生物がいた。爬虫類、つまりトカゲだ。

 人類の胎児が、手足に爬虫類と同じような筋肉を持ち、それを失ってから生まれてくるという新たな事実について、研究チームを指揮したルイ・ディオーゴ博士は“進化の残骸”ではないかと考えている。2億5000万年前、私たちの祖先が爬虫類から哺乳類へと進化したことを物語る遺物、というわけだ。

 なお、問題の筋肉を私たちが捨て去った理由について博士は、「親指をより器用かつ繊細に動かすために必要だったことではないか」と述べ、そのかわり他の指を動かすための多くの筋肉は手放すことになったと指摘。極めて珍しいケースとして、「dorsometacarpales」を一部維持したまま生まれてくる者もいるようだが、健康に支障のないレベルの解剖学的特徴、もしくは先天的奇形と見なすことができるとのこと。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

研究で「胎児はトカゲの手をしている」ことが新発覚! 謎の“爬虫類筋肉”の名残が超話題、科学界に激震!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル