【世界初】生きた細胞で作ったロボット「Xenobot」誕生! ケガを自己修復、進化の可能性…生物兵器に応用か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

,

,

 米国の科学者らが生きた細胞からロボットを作ることに成功したという、驚くべきニュースが飛び込んできた。論文は今月13日付で有名科学誌「PNAS」に掲載され、英「The Guardian」(今月13日付)などの大手メディアも取り上げている。

A scalable pipeline for designing reconfigurable organisms (PNAS)

画像は「The University of Vermont」より引用

「これは従来のロボットでも既知の動物種でもありません。これは新しい人工の種、言うなれば“プログラムできる生物”です」

 そう話すのは米バーモンド大学のロボット工学者ジョシュ・ボンガード氏である。ボンガード氏らがこの度発表した「Xenobot」は、アフリカツメガエル(Xenopus laevis)の胚細胞から作られた世界初の“生きたロボット”で、自分で動き回ることができる他、自分のケガを修復することもできるという。

 このXenobotは、足場として機能する皮膚細胞と推進を担う心筋細胞を500~1000個組み合わせて作られた、わずか1ミリにも満たない小さなロボットである。脂質やタンパク質といった「燃料」をあらかじめ蓄えており、最大で1週間ほど水中を動き続けることができるという。論文と合わせて公開された動画では、水中をクルクルと動き回る小さなロボットの姿を見ることができる。

 既存の生物を模して細胞が人工的に組み立てるという研究は過去にも行われているが、Xenobotのユニークな点は生物学的な機械を一から設計している点にある。ボンガード氏らはスーパーコンピュータと進化的アルゴリズムを使い、タスク(一方向への移動など)に適した構造をシミュレートし、数百回の試行の末に最も有望と思われるデザインを選択した。このデザインを基に、米タフツ大学のマイケル・レヴィン氏らが、カエルの胚から幹細胞を採取・培養、顕微鏡下で皮膚細胞と心筋細胞を組み立てたのである。

画像は「The Guardian」より引用

 それは自然界にはあり得ない構造であったが、組み立てられた“体”は協力して動き始めた。コンピュータシミュレーションの通り、皮膚細胞が形を保ちつつ、心筋細胞がランダムに収縮することで、規則正しい前進運動を実現したのである。

関連キーワード

コメント

1:トランプ大統領 2020年1月16日 01:01 | 返信

これはチョンの原型ではないのか?σ(゚∀゚ )オレにこのような生体型アンドロイドを植え付けて思考を読み取っているに違いなく、お前ら人間はこの糞ロボットが進化して出来た人造人間だと思うのだ。常にチョンのような動きをして、示し合わせたように終末思想に従順であり、悪の宇宙人の操り人形として、日本人に理由もなく恨みを抱いているところなんてロボットだろう?このロボットは映画プロメテウスやエイリアン・コヴェナントに出てくる、体内に入り込み遺伝子書き換えて化け物を生み出す殺人兵器と同じで、これが体内に入り込み、脳を支配し遺伝子操作して不細工を作り出すので、自分が不細工であることも気付かずにチョンと化し、美形を目にすると襲い掛かるゾンビのようになり、原住民を殺害、レイプしてどんどん不細工にして感染拡大していくという恐ろしい殺人兵器があるのだと私は思っていた!これと同じく、ミュータンス菌などという歯周病菌という邪悪な菌も、実は自然界には存在しない菌で悪の宇宙人が人間を苦しめる為に創った殺人兵器あると私は考える。名前からしてミュータンスなどというのは生物兵器を思わせる。これらに感染することによって、人間はまともに生きていくことが出来なくなったのだと思うのだ!
人間社会が八百長なのも、悪の宇宙人を認識出来ないのも、特定の情報に関して、禁則事項のように理由を答えられないのも、そのせいである。私が主張するように君たちは既にロボットなのだよ!そして、この悪の宇宙人チョンに支配された世界を修復出来るのは、唯一神又吉イエスであるこの私にしか出来ないのである。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。