「肺にはがん細胞を取り除く不思議な能力がある」大学研究で判明! 肺の潜在能力がヤバイ…禁煙の効果も!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

,

,

 タバコをやめたいと思っている人には朗報だ。禁煙に遅すぎることはないことが最新の研究で報告されている。それは我々の肺が持つ“魔法の力”にあるという。

■禁煙すればすぐに非喫煙者と同レベルの肺に修復される

 この4月からは街の飲食店が原則として屋内禁煙になるなど、喫煙に対する規制が今後ますます厳しくなってくることは間違いない。

 愛煙家の中には、健康面の不安を抱えつつも今さら禁煙してももう遅いと諦めているケースもありそうだが、どうやらそれは早合点といえそうだ。禁煙に成功しさえすれば、我々の肺が持っている素晴らしい“魔法の力”が開花し、一転して非喫煙経験者と同等に健康になれるというのである。

「肺にはがん細胞を取り除く不思議な能力がある」大学研究で判明! 肺の潜在能力がヤバイ…禁煙の効果も!の画像1
「Daily Mail」の記事より


 イギリスのNPO遺伝学研究機関「ウェルカム・サンガー・インスティテュート」とユニバーシティ・カレッジ・ロンドンをはじめとする合同研究チームが2020年1月に「Nature」で発表した研究では、喫煙者、元喫煙者、非喫煙経験者、および子どもの肺を分析して禁煙による健康への影響を検証した。

 喫煙習慣が肺がんに直結しているのかどうか、一部ではまだ議論が続いているのだが、それでもタバコの煙に含まれる何千もの化学物質が肺細胞のDNAを破壊して変異させ、がんにつながりやすい性質を帯びてくることは広く知られている。数十年にもわたって喫煙を続けていれば当然ながら遺伝子の変異も進み、もはや引き返せないところまで来てしまっていると考えるのは、ある意味では自然なことだ。

 しかし我々の肺が持つ潜在能力を侮ってはならないようだ。長年にわたり喫煙を続けてきたとしても、肺がんの症状が出る前に禁煙に成功できれば、たちまち非喫煙者と同レベルのコンディションに修復されることが今回の研究で明らかになったのだ。

 確かに喫煙者の気道から採取した細胞の圧倒的多数は、タバコによって変異しており、最大1万の細胞の遺伝子変異が確認された。研究チームのケイト・ガワーズ博士は「これらは“ミニ時限爆弾”と考えられ、次のきっかけを待ってがんになります」と言及している。つまり肺がんになる準備が整っている状態である。

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ