第二次世界大戦で309人を射殺した美女スナイパー「レディ・デス」とは!? ナチスも怯えた史上最強の女の真実!

 第二次世界大戦時、緊迫する最前線では男性兵士が二度見するほどのワイルドな美女がトカレフSVT-40をぶっ放し、次々と敵を仕留めていったという。

■戦場の美女スナイパー“レディ・デス”

第二次世界大戦で309人を射殺した美女スナイパー「レディ・デス」とは!? ナチスも怯えた史上最強の女の真実!の画像1
画像は「Wikipedia」より

 1916年、リュドミラ・パヴリチェンコは、ウクライナのキエフ近郊ビーラ・ツェールクヴァで生まれた。活発な少女だったが、一家がキエフ市内に転居すると人生が激変。「スポーツ少年団」に入会すると運命の出会いが待ち受けていた。そう、射撃にハマったのだ。

 射撃の世界でめきめきと頭角を現し、14歳ですでに天才の域に達しようとしていたという。

 あるときパヴリチェンコは近所に住む少年が銃の腕前を自慢していたので、「あたしは外に出て、女の子も同じことができるってことを見せてやった」という。かなりの負けず嫌いらしい。

 高校卒業後、いったんは旋盤工としてキエフ兵器廠で働き始めた彼女だったが、進学を志して国立キエフ大学の史学科に入った。

 歴史を学びながら、射撃の腕を磨いたそうだ。しかし、1941年にナチスがロシアを侵略したことに衝撃を受け赤軍事務所に赴き、入隊を志願したという。もちろん、希望の配属先は「スナイパー」だ。

第二次世界大戦で309人を射殺した美女スナイパー「レディ・デス」とは!? ナチスも怯えた史上最強の女の真実!の画像2
「The Sun」の記事より

 だが、すこぶる美人だったため、事務所では「ナースになったら」とアドバイスされたが、言下に断った。しぶる上官たちを説得して、なんとか射撃テストにこぎつけたパヴリチェンコは一発合格し「第25狙撃兵師団第54狙撃連隊」に二等兵として配属された。

 とにかく美しすぎるので、苦労が多かったのではと推測する。仲間の若い兵士たちに囲まれた写真には、妙にデレデレしている者もいる。まるで駐留ロシア軍を慰問する映画女優のようだ。まさに戦場のエンジェル、もしくは、地獄の堕天使といったところか。

 だが、彼女を一躍有名にしたのは美貌だからという理由ではない。オデッサの戦い(黒海沿岸の軍港都市であるオデッサを巡って行われた戦闘)で187人を射殺したからだ。そのうちの36人は、敵国の狙撃兵だった。

 その後、勃発したセヴァストポリの戦い(クリミア半島とセヴァストポリ要塞をめぐる枢軸国軍とソ連軍の戦闘)でも死闘を繰り広げ、確認されただけで計309人の精強な男たちを仕留めたことになる。まさに才色兼備の猛女だ。当時の新聞は彼女を「レディ・デス」と書き立てたそうだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ