見た目だけで“どれくらい賢いか”わかる身体的特徴4つとは!? チビ・デブは最悪、顔デカは… 最新科学研究でガチ確定!!

 その人物の頭の良し悪しは、第一印象でわかったつもりでも案外そうでもなかったりもするが、身体の特徴を注意深くチェックすることで、頭の良さを高確率で予測できるという。注目すべきは4つのボディパーツだ。

■脚が長く高身長

 脚が長く身長の高い人物のほうが知的にスマートである傾向があるという。

見た目だけでどれくらい賢いかわかる身体的特徴4つとは!? チビ・デブは最悪、顔デカは… 最新科学研究でガチ確定!!の画像1
「Before It’s News」の記事より

 米・ブラウン大学とプリンストン大学の合同研究チームが2006年に発表した研究では、背が高い者は高収入である傾向が高く、その理由は職能(スキル)が高いことであると示唆されている。つまり頭が良いのだ。

 また1958年と1970年にアメリカとイギリスで生まれた人々の身長、体重、知能、教育経験、および給与収入を、成人期まで追跡し収集したデータを分析したところ、子どもの時代に背が高かった者は認知テストで著しく優れていることが浮き彫りになった。成長してからの身長よりも、子ども時代に背が高いことのほうが高知能の割合が多いようだ。

 どうして背が高いと知能が優れるのかについてはまだよくわかっていないが、一部では遺伝的要因にあるとする説や、幼児の時期の質の高い養育が知能を育み身長を伸ばしているのではないかと指摘する声もあるようだ。<

■左利き

 左利きは認知機能においてアドバンテージを持っている可能性があるということだ。

見た目だけでどれくらい賢いかわかる身体的特徴4つとは!? チビ・デブは最悪、顔デカは… 最新科学研究でガチ確定!!の画像2
「Before It’s News」の記事より

 ギリシャ・アテネ大学の研究チームが2013年に発表した研究では、約100人の大学生と卒業生(半分は左利き、半分は右利き)に2つの認知テストを課す実験を行っている。

 結果はどちらの課題においても左利きの方が右利きよりも優れた成績を収めた。テストの内容から左利きのほうがワーキングメモリーと思考の柔軟性が優れていることが示されることになったのだ。右利きの者が左脳の働きに依存している傾向が強いのに対し、左利きの者は右脳と左脳の両方を働かせて情報を処理できるために認知機能が高まっていると説明できるということだ。

関連キーワード