「2020年3月20日に世界のゲートが閉まる」世界終了が濃厚に! 業界騒然…次元上昇アセンションで人類滅亡へ!

【悲報】「2020年3月20日に世界のゲートが閉まる」世界終了が濃厚に! 業界騒然…次元上昇アセンションで人類滅亡へ!の画像2
画像は「Getty Images」より引用

◆2020年3月20日に目覚めのゲートが閉まる!

 現在、スピリチュアル界隈では「2020年3月20日」に大変化が起きると話題になっている。

 2020年3月20日の春分の日は、宇宙の暦によるスタートの日であり、この「宇宙元旦」に次元上昇(アセンション)が起きるなどと、多くの人々が3月20日の重大さを説いているのだ。その中でも最も注目されているのが、「2020年3月20日春分の日にゲートが閉じる」という話であろう。

 この潮流を作ったとされるのが作家・セミナー講師の並木良和氏であるという。

(参考:並木良和氏のウェブサイト

 並木氏によれば、2020年3月20日に「目覚めのゲート」が閉まるという。2017年に徐々に開き始めたこのゲートは、2018年から2020年3月20日春分までは大きく開いているのだが、春分以降は徐々に閉じていき、2021年の冬至には完全に閉じてしまうという。それゆえ、3月20日に閉まり始めるというゲートに対して、どのような準備と心構えで挑む必要があるのかと、並木氏は自身の講演会やYouTubeなどを通じて発信している。

「アセンション」「次元上昇」という言葉は、今から10年ほど前、ちょうど「2012年マヤ暦終末論」あたりからスピリチュアル業界で広まった言葉だ。人類が今の3次元から5次元などのより高い次元に移行することをいう。

 並木氏によれば今、地球はどんどん次元上昇しているという。すでに14万4千人が目覚めが予定されている。その予定されている人々が目覚めなかった場合、人々の波動が重くなり、地球はその重みをふるい落として開放されようとしてするため、自然災害が増えてしまうというのだ。

 目覚めを予定されている14万4千人の人々がどんどん目覚めれば、周囲の人たちも目覚めていき、地球全体がアセンションできるというのである。

 並木氏は今、スピリチュアル界隈ではとても人気がある。このような混沌とした時代だからこそ彼のアセンション理論が心に響く人々が多いのかもしれない。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ