THIS IS REAL! 東京湾上空に謎の「ブラックマンタUFO」連続出現! 尻尾までハッキリ… 衝撃映像!

■同様の不思議な物体が1カ月後にも!

 さらに、1カ月後にも同様にマンタの形をした異様な飛行物体をSID-1が捉えていた。こちらは白色である。

THIS IS REAL! 東京湾上空に謎の「ブラックマンタUFO」連続出現! 尻尾までハッキリ… 衝撃映像!の画像10

 撮影日時は2016年5月18日13時34分25秒。当日の気象は、快晴。気温24.7度であった。

THIS IS REAL! 東京湾上空に謎の「ブラックマンタUFO」連続出現! 尻尾までハッキリ… 衝撃映像!の画像11

 白丸の中。

THIS IS REAL! 東京湾上空に謎の「ブラックマンタUFO」連続出現! 尻尾までハッキリ… 衝撃映像!の画像12

 拡大してみると、やはりダイヤ型のマンタの形をしている。前述のUFOと異なり乳白色だが、縦横比率はほぼ同じ。そして、海面や地上の光を反射していないように見える。

 何かの反射かと考えたが、太陽の方向からもそれは考えにくい。複数あるSID-1の一つは方角も高さも固定されており、別日の同時刻の画像を検索しても、同じものは記録されていない。したがって太陽光線によるレンズの反射やハレーションなどではあり得ない。周辺にも反射するようなものはない。航空機やヘリ、飛行船、鳥などとも異なる。

 2カ月の間に2度も記録されたマンタのような形状の物体。分析の結果、この物体は実際に空中に存在したマンタ型UFOといえるだろう。

参考:「宇宙現象観測所センター(SPOC)」、ほか

文=北島弘

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ