10カ月ずっと着陸せずに飛び続ける鳥の謎! 食事も交尾も睡眠も空中、寿命20年… 驚きの生態とは!?

 鳥類の一部は、地上に降りることなく長期間空を飛び続けることが知られている。ヨーロッパアマツバメ(Apus apus)もそんな鳥の一種で、空中で食事をし、交尾し、眠ることができ、信じがたいことに、1年のうち最大10カ月以上も飛行し続けることが可能なのだという。

Born to Fly – The Bird That Spends Up to 10 Months Without Landing (Oddity Central)

10カ月ずっと着陸せずに飛び続ける鳥の謎! 食事も交尾も睡眠も空中、寿命20年… 驚きの生態とは!?の画像1
ヨーロッパアマツバメ。画像は「Getty Images」より引用

 ヨーロッパアマツバメは夏は北ヨーロッパ、冬は南アフリカで過ごす渡り鳥である。体長16センチほどの茶色い鳥で、ヨーロッパでは家の軒下に巣を作る馴染み深い生物の一種である。ツバメと名がつくものの、ヨーロッパアマツバメはアマツバメ目アマツバメ科、日本のツバメはスズメ目ツバメ科であり、分類上は大きく異なる種である。

 この鳥は越冬地である中央アフリカの熱帯雨林ではねぐらを持たないといい、ほとんど着陸することなく、長期間飛行し続けて生活していることは以前より知られていた。しかし、どのくらいの時間、連続飛行が可能なのかは不明だった。そこで2016年、スウェーデン・ルンド大学の研究者らがヨーロッパアマツバメの背中に小さな記録装置をつけて追跡調査を行ったところ、最大で10カ月もの間、一度も着陸せずに空を飛び続けることがわかった。つまり、巣で子育てしている時期以外はずっと空を飛び続けているというのだ。

10カ月ずっと着陸せずに飛び続ける鳥の謎! 食事も交尾も睡眠も空中、寿命20年… 驚きの生態とは!?の画像2
画像は「YouTube」より引用

 記録によると、一時的に枝に止まって休む個体もいたというが、ほとんどの個体は非繁殖期間中に一度も着地しなかったという。10カ月間のうち、実に99%の期間、ヨーロッパアマツバメは空を飛び続けていたのだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ