【未解決事件】洗われた死体、7つの針跡、抵抗の痕跡なし…! エリート弁護士ロバート・ウォン殺害をめぐる忌まわしい謎

 2006年、32歳のロバート・エリック・ウォンは、全てを手にしていた。彼は名声高いペンシルベニア大学ロースクールを卒業し、アジア太平洋アメリカ法曹協会の会長候補であり、ワシントンDCのやり手弁護士だった。そして、バージニア州オークトンに美しい家を持ち、妻キャサリンと幸せな生活を送っていた。

 彼は有能ですでに成功者で、この若者の未来は限りなく明るく見えた。しかし、そこには潜んでいる恐ろしい暗い影があったのだ。ロバート・ウォンは、ワシントンDCの歴史の中で、最も奇妙な未解決の謎の1つになってしまったのだ――。

【未解決事件】洗われた死体、7つの針跡、抵抗の痕跡なし…! エリート弁護士ロバート・ウォン殺害をめぐる忌まわしい謎の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 

■ゲイコミュニティの家屋で殺人事件

 2006年8月2日、ロバートはワシントンDCのオフィス街で、かなり遅い時間帯まで「Radio Free Asia」の法務顧問の仕事をしていた。ロバートは、オークトンの家まで疲れた身体で運転して帰るよりも、弁護士であり、大学時代の古い友人であるジョセフ・プライスの家に泊めてもらうことに決めた。

 友人のプライスは、同性愛者であることを公言している同性愛者の権利弁護士であり、2人の男性、ビクター・ザボルスキーとディラン・ウォードと住んでいた。ロバートはゲイではなかったが、ゲイに対して何の偏見もなかった。ロバートが、ワシントンDCのローガンサークル地区にある、プライスのタウンハウスに到着したのは、午後10時30分頃であった。

【未解決事件】洗われた死体、7つの針跡、抵抗の痕跡なし…! エリート弁護士ロバート・ウォン殺害をめぐる忌まわしい謎の画像2
左からビクター・ザボルスキー、ディラン・ウォード(別名「ディラン・トーマス」)、ジョー・プライス(別名「ジョー・アンダーソン」) 「Washington Blade」の記事より

 ロバートが到着してから約1時間後、隣人が驚くほどの悲鳴をあげたザボルスキーがパニック状態で緊急通報の911に電話をかけた。今宵の客人であるロバートが何者かに刺されて血だらけになって倒れていたのだ。ザボルスキーはあちこちに血が流れていることを、気がおかしくなったように電話で説明した。

 オペレーターは、救急隊員が到着するまで、彼と電話で話し続けた。到着した救急隊員は、2階の寝室で折りたたみ式ベッドの上に横たわったロバートの死体を見つけた。死体には胸部と腹部に3つの刺し傷があり、完全に絶命していた。ロバートの死体は、きちんと頭の下に枕が置かれ、シーツもすべて清潔で折りたたまれていた。ベッドには、格闘の兆候はまったくなかった。

 ザボルスキーが緊急通報で叫びながら伝えていた内容とは違い、実際には現場には血はほとんど流れておらず、遺体は洗われたように見えた。ベッドの足元には、ロバートの所持品のブラックベリー、携帯電話、時計、歯用ナイトガード、現金入りの2つの財布などがすべてあった。ベッドの横には、血まみれのナイフとタオルが置かれたテーブルがあり、ナイフはおそらく殺人で使われた凶器だと思われた。

 警察は、ロバートがこの家のどこかで刺されて殺された可能性が高い、そしてベッドの状態を考えると、死体は一度洗われて、ベッドに寝かされていたという一応の結論に達した。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ