「幽霊や妖怪を見たとき」の8つの診断ポイントを亜留間次郎が医学的に解説!「若おかみは小学生!」も科学的に検証! 

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服のための科学】

画像は「講談社」より引用

■若おかみは緊急入院

 児童向け小説の人気シリーズでアニメ映画にもなった『若おかみは小学生!』の主人公おっこの周りには、幽霊の子供や子鬼などの妖怪が出現します。幽霊のウリ坊が具体的な幻視であり、おっこが幻覚に対して恐怖感を抱かないのは「血管性認知症」の典型的な症状です。

 現代の小学生とは思えないほどの機械音痴も認知症の可能性があります。もし小学生が発症しているなら、緊急で頭部MRIを撮影して画像診断を行う必要があります。異常があれば脳神経内科専門医による診断と治療が必要です。

 もしかしたら、魔界が登場してウリ坊たちが見えなくなる最終回までの話は、脳神経の治療中に起きていた「せん妄」の可能性があります。成長と共に幽霊が見えなくなったんじゃなくて、脳神経内科医の治療が成功して回復したのかもしれません。あるいは、若おかみはまだ小学生ですから、主観的には自分が病気であることを自覚する病識も、治療を受けている自覚も無かっただけかもしれません。

 小児科医は小学生以下の子供の診察や治療を行うとき、医療の存在を患児に意識させないようにふるまう事があります。著者の妹は患児相手に「ポンピロ・ピンピロ・アロバロバ!」とか謎の奇声をあげるので、周りから「年齢的にかなり無理のある魔法少女」と呼ばれていますが、幼い子供を手術する小児外科の性質から必要があってやっているので断じて気が狂ってるわけではありません。小児科のナースや女医の服にピンク色が多いのもこのような理由からです。

 皆さんも自分の家族が幽霊が見えると言い出したら、「子供の言う事だから」と決めつけずに受診させましょう。

「幽霊や妖怪を見たとき」の8つの診断ポイントを亜留間次郎が医学的に解説!「若おかみは小学生!」も科学的に検証! のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで