「ハエ叩き」発明の歴史に潜むエピソードが面白すぎる! 亜留間次郎が徹底解説!

関連キーワード:

,

,

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服のための科学】

画像は「Getty Images」より引用

■公衆衛生の必殺武器

 1905年、アメリカのカンザス州ではハエが大量発生、伝染病が流行して深刻なパンデミック状態になっていました。

 当時はハエを殺すのに有効な殺虫剤はまだ発明されておらず、飛び回るハエを捕まえて殺すことは困難でした。カンザス州保健委員会のメンバーだったDr.サミュエル・ジェイ・クランバインは、伝染病の原因であるハエを駆除するために「Swat that fly!」を標語にハエ撲滅キャンペーンを行いました。

 しかし、飛んでいるハエを叩き落すことは非常に困難です。「ハエ払い(Fly whisk)」という道具は古代から存在していましたが、一時的に追い払うだけでハエを殺すことはできませんでした。丸めた新聞紙など棍棒状や板状の物体でハエを叩いても、その武器が発生させる風圧でハエを押し出してしまうので命中しません。

 そして何より、ハエの飛行能力は非常に高いのです。100分の1秒で進路を変えられる旋回能力と秒速1m前後にもなる飛行速度を発揮するハエに対し、人間の身体能力では捕捉することが困難です。

 そこへ、学校の教師でボーイスカウトの指導をしていたフランク・H・ローズという人物が、網戸の一部を切り取って棒の先につけた道具を作って州保健委員会へ持ち込みました。

 それは、長さ1フィート(約30センチ)の棒の先端に4インチ(約10センチ)四方の網の板を取り付けただけの簡単な道具でしたが、Dr.クランバインは一目見てその道具の有用性を見抜き「ハエ叩き(flyswatter)」と命名しました。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

「ハエ叩き」発明の歴史に潜むエピソードが面白すぎる! 亜留間次郎が徹底解説!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル