【警告】地球の磁場が急激に弱体化、「ポールシフト」ガチで目前! 電子機器や人工衛星に壊滅的打撃で文明の危機!

 地球の磁極が逆転する“ポールシフト”は近いのか――。地球の磁場がここにきてますます弱まっているという。

■南半球の地磁気が弱まる「南大西洋異常」

 地球の磁場、つまり地磁気は我々の緑の地球を守るために不可欠なシールドである。したがって、もちろん地磁気が弱まると太陽からの放射線などの宇宙空間由来のさまざまな悪影響を受けやすくなることは想像に難くない。そして専門家によれば、地磁気の弱体化はすでに低軌道衛星の機能にダメージを及ぼしはじめているという。

 そもそも過去2世紀にわたって地磁気は10%弱体化したといわれているが、最近になってアフリカから南アメリカにかけての広範囲に及んで特に弱くなっている領域がある。

【警告】地球の磁場が急激に弱体化、「ポールシフト」ガチで目前! 電子機器や人工衛星に壊滅的打撃で文明の危機!の画像1
「Sky News」の記事より

 南大西洋異常(South Atlantic Anomaly)として知られているこの地域の磁場の弱体化は、過去50年間で急速に進んでいる。この5年の間において、アフリカの南西部で2番目に弱体化した中心部が発達しており、近い将来、異常が2つの別々のセルに分割される可能性があることを一部の研究者は確信しているのだ。

 欧州宇宙機関(ESA)の地磁気観測衛星「SWARM」が収集したデータを分析している「Swarm Data Innovation and Science Cluster(Swarm DISC)」の研究者たちはこの南大西洋異常の動きを注視し続けている。

 ドイツ地球科学研究センターのユルゲン・マツカ博士は、次のように語る。

「南大西洋異常の発生を調査するために、SWARM衛星を軌道に乗せることができてとても幸運です。今の課題は、これらの変化を推進する地球のコアのプロセスを理解することです」(ユルゲン・マツカ博士)

【警告】地球の磁場が急激に弱体化、「ポールシフト」ガチで目前! 電子機器や人工衛星に壊滅的打撃で文明の危機!の画像2
SWARM衛星 画像は「Wikipedia」より

 このまま南半球の地磁気が弱体化し続けていくのだろうか。そしてさらに懸念されてくるのが、地球の磁極がひっくり返る“ポールシフト”である。

人気連載

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・レトリバーが、ツッコミどころ満載の封印映画...

2022.01.04 16:00ART
女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

※ 前編はコチラ!  元コンビニバイトの筆者は、まずこのレシートの内容を見た...

2022.01.03 18:00日本
12星座別「2022年の金運」を大公開! あまりに衝撃的な結果に… 当たる星占い!

12星座別「2022年の金運」を大公開! あまりに衝撃的な結果に… 当たる星占い!

コロナ禍で一気に冷え込んだ日本経済。財布の紐はこれ以上ないほど固くなり、庶民は日...

2022.01.03 12:00異次元
神様に直接うかがって製品開発する大金持ちの「マロさん」の正体とは?運気が上がりすぎる波動商品も

神様に直接うかがって製品開発する大金持ちの「マロさん」の正体とは?運気が上がりすぎる波動商品も

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2021.12.20 12:00異次元

【警告】地球の磁場が急激に弱体化、「ポールシフト」ガチで目前! 電子機器や人工衛星に壊滅的打撃で文明の危機!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル