マイクロソフトがジャーナリストを大量解雇してAI採用! 不都合なニュース排除、ビル・ゲイツの陰謀抹消で言論弾圧も自動化か!

 マイクロソフト社がジャーナリストのAI化を進めている。英「BBC」(5月30日付)によれば、MSNではすでに米国と英国で数十人のジャーナリストとの契約を終了させており、今後はAIに業務を行わせるという。

Microsoft ‘to replace journalists with robots’ (BBC)

マイクロソフトがジャーナリストを大量解雇してAI採用! 不都合なニュース排除、ビル・ゲイツの陰謀抹消で言論弾圧も自動化か!の画像1
画像は「BBC」より引用

 ポータルサイト「MSN」やEdgeブラウザに表示されるニュースの選定や見出し、写真などは、これまで人間が内容を確認した上で選定していた。外部の報道機関から送られてくる大量の記事のうち、ジャーナリストが編集ガイドラインに沿って表示させるコンテンツを選定し、編集、キュレーションを行なっていたのだ。

 だが最近になって、マイクロソフト社は記事の配信を自動化するため、今後は一連の作業をAIに任せることを決定した。業務を委託していた外部業社との契約もすでに終了が決定しており、1カ月後に英国で27人、米シアトルで約50人のジャーナリストが解雇される模様だ。マイクロソフト社は「この決定はパンデミックとは関係ない」としており、AI化、自動化の流れは英米だけでなく、今後世界中で続くとみられている。

 MSNと契約していた外部会社の一つ、英PA Media社はこの決定に大きなショックを受けているようで、首を切られたジャーナリストらもAIがこの仕事を肩代わりできるのかを疑問に感じているようだ。

マイクロソフトがジャーナリストを大量解雇してAI採用! 不都合なニュース排除、ビル・ゲイツの陰謀抹消で言論弾圧も自動化か!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで