【警告】「5G健康サミット」緊急開催、識者が次々と懸念表明!! 「CIAも有害性を認識」極秘公文書も医師暴露、狭まる5G包囲網!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

【警告】「5G健康サミット」緊急開催、識者が次々と懸念表明!! 「CIAも有害性を認識」極秘公文書も医師暴露、狭まる5G包囲網!の画像1
画像は「getty images」より

 新型コロナウイルスのニュースにすっかり埋もれてしまった次世代通信規格5G関連ニュース。実は日本でも3月25日からドコモが5Gサービスを開始しているが、あまり話題になっていない。

 以前より5Gの安全性が問題視されていることはトカナで何度も報じてきたが、今月1日から一週間にわたって5Gの健康上の懸念を議論するオンラインサミットが開催されている。世界をリードする科学者、医師、活動家らが一堂に会し、5Gが人々の健康に与える影響について次々と懸念する声が上がっている模様だ。

 5Gはこれまでその安全性が大規模にテストされたことはないと言われているため、5Gが人体に与える影響は単なる“憶測”だとされることがある。しかし、アメリカのラシッド・バター医師によると、5Gの使用されている「ミリ波」についての研究は存在するという。

 2012年にCIAが「政府使用のみ」として機密指定を解除したレポートには、ロシアで行われたミリ波に関する7つの研究がまとめられているそうだ。以下がその抜粋だ。

「実施された調査では、高い生物活性とミリ波が生物に及ぼす悪影響が示唆された。生物学的反応の発現は、イリジウム照射期間の増加とともに増加し、生物の個々の特性に依存していた」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ