【緊急】「10年以内に高確率で超大災害起きる」ドイツ銀行発表! 世界大戦、大噴火…コロナより最悪な4つの地獄シナリオ

関連キーワード:

,

,

,

 コロナ禍が終わってもまだまだ安心できない。今後10年以内に大規模災害が世界を襲う可能性が非常に高いことが最新の研究で分かったというのだ。

 英紙「Daily Star」(6月18日付)によると、このたび欧州のメガバンク「ドイツ銀行」の調査により、新型コロナウイルスのパンデミックよりもはるかに悪い4つの“ディストピアシナリオ”が今後10年以内に発生する確率が33%もあることが分かったという。

 4つのシナリオはそれぞれ、200万人規模の死者を出すキラーインフルエンザのパンデミック、超火山の大噴火、大規模な太陽フレア、そして第3次世界大戦だ。これらのシナリオが今後20年以内に起こる確率は56%、2分の1以上だというから恐ろしい。

【緊急】「10年以内に高確率で超大災害起きる」ドイツ銀行発表! 世界大戦、大噴火…コロナより最悪な4つの地獄シナリオ の画像1
画像は「Daily Star」より

 同報告書によると、こうした大災害が起こった場合、それに引き続き、世界的なインフラの崩壊が起こるという。たとえば、1859年9月に起こった大規模な太陽嵐が今起こったら世界中のインフラは完全に停止するという。

 1859年の太陽嵐は、ハワイやカリブ海でもオーロラを発生させるほど強力なものだったが、これにより欧州から北米の電報システムがシャットダウンし、鉄塔からは火花が散り、電報用紙は自然発火を起こしたという。現代であれば、電力網、衛星通信、インターネットが使用不可能になり、全世界が大混乱に陥ることは必須だ。経済全体が大打撃を受け、医療機器などにも影響が出れば、人命にも関わる。

 また、新型コロナウイルスによるロックダウンで世界経済が大きく後退したが、致死率が比較的低いとされる新型コロナウイルスでさえ、これだけの大損害なのだから、より毒性の強いウイルスがパンデミックを起こしたら、状況はさらに悪くなることが予想される。現時点で、新型コロナウイルス感染症による死者は約45万人と集計されているが、ドイツ銀行は200万人規模の死者を出すウイルスを想定している。ちなみに100年前に大流行したスペイン風邪では2000万人~1億人が死亡したと言われているから、死者数200万人はかなり控えめな設定と言えるだろう。

【緊急】「10年以内に高確率で超大災害起きる」ドイツ銀行発表! 世界大戦、大噴火…コロナより最悪な4つの地獄シナリオ の画像2
画像は「Daily Star」より

 そして火山の大噴火も大きな問題を引き起こす可能性がある。2010年に起こったアイスランド・エイヤフィヤトラヨークトル山の噴火では、火山灰が航空機を損傷する恐れがあることから、ヨーロッパ内と他の地域を繋ぐ商用機のフライトがキャンセルされた。また、91年のフィリピン・ピナトゥボ山の噴火では、大量の火山灰により成層圏に生成された雲が3年間も残存し、北半球の平均気温を0.5度ほど下げた。

 このレベルでは人類は滅亡しないが、さらなる壊滅的な噴火が起こった場合、地球環境への中長期的影響は未知数である。それこそ氷河期が到来するようなこともあるかもしれない

 そして最後に人災だ。ドイツ銀行は、過去数十年に比べて各国が戦争をする可能性は低くなっているが、それでもなお、世界の安定性を脅かすリスクがあるとしている。世界で戦争が起こる確率を年間0.625%と、かなり低めに見積もったとしても、今後40年以内に戦争が起こる確率は22%あるとのことだ。

 20年以内にはこうした出来事が50%以上の確率で起こる。人類の前途は多難のようだ。最近では、北朝鮮の予測困難な動きや、中国の海洋進出の激化もあり、天災だけでなく、人災のリスクも高まっている。20年も経たず、その時はもっと早く訪れてしまうかもしれない…….。

 

参考:「Daily Star」、ほか

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ