超一流サッカー選手が「宇宙人に拉致されて練習に遅刻した」と判明!! 2日間も魂を抜かれ… 言い訳ではない“壮絶アブダクション被害”全貌

 アルゼンチンの元プロサッカー選手ギジェルモ・マリノは、かつてエイリアンに誘拐されて練習に遅刻したことがある——。元チームメイトが秘密を暴露して話題となっている。英「Daily Star」(6月16日付)他、多数メディアが報じた。

Ex-Boca Juniors star blames ‘alien abduction’ after missing training session (Daily Star)

超一流サッカー選手が「宇宙人に拉致され練習に遅刻した」と判明!! 2日間も魂を抜かれ… 言い訳ではない壮絶アブダクション被害全貌の画像1
現役時代のギジェルモ・マリノ。画像は「Fox News」より引用

 マリノは2000〜2015年ごろまでアルゼンチンやチリのサッカークラブで活躍し、アルゼンチンの名門「ボカ・ジュニアーズ」に所属していたこともある、南米のスター選手の一人である。元チームメイトのグスタヴォ・ロレンツェッティによると、マリノがエイリアンに誘拐されたのは、2010〜2013年ごろ、チリの首都サンディアゴに本拠地を置く「CFウニベルシダ・デ・チレ」に所属していた頃のことだという。

 ある日のこと、サンディアゴでの練習にマリノが遅刻してきたことがあった。するとマリノは、遅刻の理由として「エイリアンに誘拐されていた」という驚くべき話をし始めた。「突然エイリアンが現れて拉致され、2日間誘拐されていた」と語り、「その間、魂を取り出されて分析されていた」というのである。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ