【珍しい病気】アファンタジア ー 頭の中で具体的なイメージを想像できない人々

関連キーワード:

,

,

,

,

【珍しい病気】アファンタジア ー 頭の中で具体的なイメージを想像できない人々の画像1
画像は「Future Minds Lab」より

 視覚的なイメージを頭の中に思い浮かべられる人と思い浮かべられない人が存在することをご存じだろうか? 夢をあまり覚えていなかったり、呼び起こした記憶が視覚的に不鮮明な人はもしかしたら「アファンタジア」かもしれない。

 アファンタジアの存在は19世紀から知られていたものの、研究されるようになったのは近年のことで、その実態はまだよく分かっていない。アファンタジアは人口の2~5%と言われているが、日常生活で不便を感じる場面が少ないため、表面化しづらいと言われている。たとえば、アファンタジアを自認している、コンピュータ科学者でピクサー元社長のエドウィン・キャットマル氏は、瞑想の際にイメージの視覚化がうまくできなかったことから、自分がアファンタジアであることに気付いたという。

 また、キャットマル氏が独自に調べたところ、ピクサーのアニメーターの中にもアファンタジアを抱える従業員がいたそうだが、アニメーターとしての才能に問題はなかったとのことだ。視覚的なイメージを多用する職業でもアファンタジアの影響はほとんどないのだから、日常生活で他人がアファンタジアだと気づくことはほとんど不可能だろう。

 そして、「Science Alert」(6月27日付)によると、アファンタジアの認知プロセスには視覚化以上の広範なパターンがあることが研究で明らかになったという。同論文は学術誌「Scientific Reports」に掲載された。

 豪・ニューサウスウェールズ大学の認知神経科学者アレクセイ・ドーズ氏らは、アファンタジアと自認する267人を含む667人の被験者に、視覚化、記憶、夢想、トラウマへの反応に関する8つの質問を投げかけた。その中には視覚的なイメージの“鮮明さ”についての質問事項もあり、もっとも不鮮明な1の「視覚イメージはまったくない。記憶を呼び起こしているということを“知っている”だけ」から、5の「通常の視覚と同じぐらい鮮明」まで5段階で評価したという。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ