三峡ダム決壊危機は米国の陰謀⁉ CIA御用達のゼネコン「ベクテル社」が建設工事請け負い! 集中豪雨も人工雨か!

 

以前と比べると、歪んでいるようにみえる三峡ダム


 世界的パンデミックを一足先に乗り切ったと主張する中国に、再び国難が押し寄せている。問題となっているのは、新型コロナウイルスの発生源とされる武漢市と同じ湖北省にある「三峡ダム」だ。2009年に完成したこの世界最大のダムが、ここ数週間降り続いた豪雨のせいで決壊の危機に瀕していると、専門家が指摘しているのだ。

 中国のSNSでは、三峡ダムを上空から撮影した以前と現在の組写真が拡散している。両者を比べると、現在のダムの写真は、以前のものと比べところどころ歪んでいるように見える。これについて「水圧が高まったことによって、ダムが歪んでしまったに違いない」と危惧する声もあるが、当局は「撮影時のカメラの角度の違いによるもの」と否定している。

 一方で、「三峡ダムの決壊危機はアメリカの陰謀だ」と指摘する声もある。在北京米国領事館に勤務経験のある、元外交官が明かす。

「三峡ダムの決壊危機は、米国が仕組んだもので間違いない。1993年に着工した三峡ダム建設には、米国企業のベクテルが関わっている。(ベクテルに関してはトカナでも詳しく報じている)当時中国はまだまだ発展途上国でしたが、数十年後には大国になることは確実だった。そこで米国は中国の首根っこをつかむために、ベクテルにダムの強度を調節できる仕掛けを仕込ませたのです。米中貿易戦争は両者にらみ合いの状況ですが、新型コロナウイルスによって中国以上の被害を受けた米国は、今後劣勢に立たされる可能性が高まっている。そこで、20年以上前に三峡ダムに仕込んだ“爆弾”を発動させようとしているのです。現在三峡ダムの周辺を見舞っている100年に一度といわれる集中豪雨は、米国の人工降雨技術によるものです」

 ベクテルといえば、米カリフォルニア州サンフランシスコを本拠地とする総合建設会社(ゼネコン)だ。世界各地で石油コンビナート、発電所、ダム、空港、港湾などの建設に関わっており、日本でも青森県の六ケ所再処理工場に技術提供しているほか、羽田空港や関西国際空港、中部国際空港などの主要空港、さらに明石海峡大橋の建設にも携わっている。

 年間売上は5兆円に上るとされているが、同族企業で株式非公開あるため実態は謎に包まれている。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ