スイカサイズの超巨乳女性、縮小手術で人生が激変! 一体どうなった?

関連キーワード:

,

,

,

スイカサイズの超巨乳女性、縮小手術で人生が激変! 一体どうなった?の画像1
パフォーミング・アーティストのセネティシウェ・ジニンジャさん(自身のFacebookより/以下同)

 大きければ大きいほど女性らしく見えると思われがちな胸の大きさだが、大きすぎるのも考え物のようだ。

 南アフリカに住む超巨乳の女性が乳房縮小手術を受けたところ、人生が激変したという。イギリスのタブロイド紙「ザ・サン」が伝えている。

 セネティシウェ・ジニンジャさん(23)は、自身のスイカサイズのおっぱいが肉体的にも精神的にも重荷になっていた。片方のおっぱいだけで重さが3kgにもなり、巨乳症に悩まされていたという。

 あまりにもおっぱいが大きいため、ブラをしているとストラップの部分が肩に食い込んで水ぶくれになってしまうことから、ブラをすることすらやめてしまったほど。外出すると、見ず知らずの人たちが淫らな言葉を投げかけてきたり、勝手におっぱいを触ってきて「これはニセモノか?」と言われるなど、ジニンジャさんはうんざりしていた。

「15歳の時に胸が突然膨らんできて、あっという間に大きくなってしまって。ブラを初めて着けた時には、もうDカップだったわ」(ジニンジャさん)

 階段を降りる時には左右のおっぱいが互いにぶつかり合い、ジョギングをすればおっぱいが顔の位置まで上下に揺れて痛いほど。さらには、ベッドの上での不安もあったという。

「SEXの最中に大きく揺れて私の顔にぶつかってくるの」(同)

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ