米政府も近づけぬ「グレイ一族」! 完全なる独立家族、国家を銃で脅し、15年戦争状態… 超過激ファミリーがやばい!

 ジョン・ジョー・グレイとは何者か? 御年70歳の“自称大工”は、アメリカ史上最長となる「籠城記録保持者」だ――。

■“独立市民”グレイ氏と当局の長きにわたる“聖戦”

 籠城の最長記録は決して褒められることじゃない。なにしろ籠城の原因というのが、1999年に警察を激怒させたことが発端なのだから。なんと、彼は交通違反の取り締まり中に警察官に噛みつき、逮捕されたのだ。だが、保釈中に行方をくらました。

 逃げ込んだ先は、テキサス州アンダーソン郡にある47エーカーの自営農場。そして2000年1月、自分の土地で立てこもりを決行。グレイ氏と家族は、水も電気も通っていない広大な敷地に今も暮らしている。厳重に張り巡らされたバリケードフェンスの中、ガンマニアのグレイ氏は大量の銃で武装する。「穏やかな老後」とは程遠い。

米政府も近づけぬ「グレイ一族」! 完全なる独立家族、国家を銃で脅し、15年戦争状態… 超過激ファミリーがやばい!の画像1
「Daily Mail」の記事より

 彼は「独立市民(sovereign citizens)だ。独立市民とは、銃所持の自由、差別的言動を含む表現の自由を主張する点で他のアメリカ白人右翼グループに近いといえるが、現行の国家を否定して自分をその一員とみなさないという右左を超えた危険思想が軸になっている。

 独立市民は(オバマ氏が大統領選挙で勝利した)2008年以降、急速に増え続け、現在全米に1000人ほど確認されている。運転免許証など公的な身分証明をかなぐり捨て、独自のIDカードを発行、納税義務は拒絶しているという、反骨精神のリミッターが悪い方に振り切れてしまった人たちなのだ。一家総出の立てこもりについてもグレイ氏は「政府に対する耐え難い不信感から」と、独立市民ならではの言い草だ。

米政府も近づけぬ「グレイ一族」! 完全なる独立家族、国家を銃で脅し、15年戦争状態… 超過激ファミリーがやばい!の画像2
「Daily Mail」の記事より

 だが、当局とグレイ氏の睨み合いは2014年に突如幕切れとなる。アンダーソン郡が彼に対して起こした傷害事件を取り下げたからだ。ぶっちゃけ、州警察が爺さんの意固地に根負けし、まんまと15年間を逃げ切られた形となった。

 安心したのもつかの間、2016年になるとグレイ氏の過去12年の税金滞納が発覚、税務署が取り立てに動き出した。グレイ氏は現在、およそ3万5000ドルの税金の未払いで牧場が差し押さえの危機にあるため、その場を離れることを拒否している。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ