イソジン(ISODINE)を並べ替えると「江戸維新」に!吉村大阪知事のサブリミナルメッセージは東京潰し、首都から3つのものが消える!

画像は「YouTube」より引用


 政治家によるサブリミナルメッセージ攻勢が激化している。すでにTOCANAで報道されたように、安倍政権下で厚生労働省がアマビエを感染拡大阻止のキャラクターとして採用した裏には、アナグラムによって国民の深層心理を操作する目的があったことがわかっている。

 それはアマビエのローマ字表記”AMABIE”を並べ替えると”I AM ABE”(わたしは安倍です)になり、その結果、アマビエを見るたびに安倍首相をありがたい存在であることが深層意識下に刷り込まれていくというものだ(詳しくはこちらの記事)。

 その対抗策として急浮上したのが、大阪維新の会の吉村知事によるポピドンヨードの普及会見であることが判明した。大阪府の独自研究によってイソジンなどポピドンヨードを用いたうがい薬で大阪府の新型コロナ軽症者にうがいをさせたところ新型コロナウィルスが激減したというのだ。

 吉村知事の会見では、目の前にイソジンを並べたうえで新型コロナ対策に使ってほしいと明言したのだが、このイソジンの正式英語表記”ISODINE”を並べ変えると”EDO ISIN”(江戸維新!)になることがわかった。

 つまり、国民がイソジンを目にするたびに江戸維新のメッセージが深層意識下に刷り込まれ、政権転覆計画がわれわれ国民の手によって無意識かつ自動的に進められていくことになる。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ