「数十年も引きずる」トラウマ級に怖い“少女ホラー漫画”を編集者が紹介! 「悪魔(デイモス)の花嫁」や「海の闇、月の影」…95人惨殺も!

「数十年も引きずる」トラウマ級に怖い少女ホラー漫画を編集者が紹介! 「悪魔(デイモス)の花嫁」や「海の闇、月の影」…95人惨殺も!の画像6
クリックで拡大

■一時代を築いた作品を読んでほしい

――光元さんが実際に読者だった70・80年代に少女ホラー漫画は人気があったんですか?

光元  本当にすごく人気がありました。例えば、「悪魔(デイモス)の花嫁」(原作:池田悦子、作画:あしべゆうほ)は、『月刊プリンセス』(秋田書店)に75年から掲載されていて、雑誌の一時代を築いた作品の一つだと思います。コミックスは累計1000万部突破ともいわれ、平成になっても続編が出る名作となっています。

 兄妹で愛し合った罰として天界の最高神ゼウスの怒りに触れ、悪魔に貶められたデイモスと、黄泉の国で逆さ吊りにされ、体が朽ち果ててしまうのを待つばかりの妹ビーナス。愛する妹を救うために人間界のヴィーナスの生まれ変わり美奈子を殺し、腐りゆくビーナスに美菜子の身体を与えるために、美奈子の前に現れたデイモス。でもいつの間にか美奈子に惹かれていくという、物語です。デイモスは悪魔らしく人間の弱さにつけ込んで色々な悲劇を巻き起こすんですが、その非情さと哀しみを背負ったキャラがカッコよくて大人気になったんですね。直球のホラーとは少し異なりますが、とにかく人間の業が怖くて、深い物語です。

――ほかにもオススメ作品はありますか?

光元  「闇のパープル・アイ」で知られる篠原千絵先生の「海の闇、月の影」はホラー要素が強いですね。

 一卵性の双子の流水・流風が主人公なんですが、二人は洞窟でウイルスに感染してしまいます。このウイルスはまず流水を変化させます。物質を通り抜けたり、浮いたりと身体的パワーを増強する性質を持っていて、怒りや嫉みといった負の感情をエスカレートさせるウイルスでした。そして、双子は同じ陸上部の先輩の当麻克行が好きなのですが、当麻が選んだのは、流風。全く同じ容姿なのに選ばれなかった流水は、その怒りを爆発させて流風を殺すことに全てをかけるんです。巻き込まれた周囲の人が次々と死んでいきます。途中で、殺処分された人たちがいてその人数が不明なのですが、描かれた限りで数えたところ、全巻で95人が殺戮されていました。この謎のウイルスを狙う人物なども現れて物語が発展するにしても、すべては恋ゆえ、怖ろしいですね~。とにかく、あらゆる惨殺表現が恐怖だったトラウマ作品です。

――なるほど、俄然読みたくなってきました。編集推薦の少女ホラー作品ならばハズレはないでしょうね!

 絵柄を見て、懐かしく思い出す読者もいるだろう。筆者は少女ホラー漫画というジャンルに詳しいわけではないが、取材中机の上に置かれていたコレクションを見ると、猛烈に読んでみたくなった。後編では、光元氏が特に思い入れが強いという作品を『私たちが震えた少女ホラー漫画』(辰巳出版)の誌面とともにお届け、さらに少女ホラーの怖さの秘密にも迫る。本書を参考に、少女ホラー漫画の数々に触れ、その恐怖に身悶えてほしい。

~つづく~

後編(18日16時に配信予定)では、眼球ブッ刺し、思春期女子の闇、血飲み、惨殺… さらに恐ろしい少女ホラー漫画の深部を暴く!


【刊行情報】
「数十年も引きずる」トラウマ級に怖い少女ホラー漫画を編集者が紹介! 「悪魔(デイモス)の花嫁」や「海の闇、月の影」…95人惨殺も!の画像7私たちが震えた少女ホラー漫画』オフィスJ.B編(辰巳出版)

「少女たちを恐怖のどん底に叩き落とした、あの恐怖が蘇る…」。ホラー漫画に夢中になった女性たちに向けて、70年代〜00年代までの少女ホラー名作をイラストやコラム、インタビューで振り返る。犬木加奈子「三途の川」/葉月シモン「一枚の絵」/石上愛実「シャボン玉幸子さん」の漫画も完全収録。

光元志佳(みつもと・ゆきか)
私たちが震えた少女ホラー漫画』(辰巳出版)の編集長であり、ホビー、写真集、カルチャーなどを扱う編集プロダクション・オフィスJ.B取締役。

オフィスJ.B
https://office-jb.net/

文=松本祐貴

1977年、大阪府生まれ。フリー編集者&ライター。雑誌記者、出版社勤務を経て、雑誌、ムックなどに寄稿する。テーマは旅、サブカル、趣味系が多い。著書『泥酔夫婦世界一周』(オークラ出版)『DIY葬儀ハンドブック』(駒草出版)。新刊に編集として関わった『これからの時代を生き抜くための生物学入門』(辰巳出版)五箇公一著。
・ ブログ「~世界一周~ 旅の柄」 http://tabinogara.blogspot.jp/

松本祐貴の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

「数十年も引きずる」トラウマ級に怖い“少女ホラー漫画”を編集者が紹介! 「悪魔(デイモス)の花嫁」や「海の闇、月の影」…95人惨殺も!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル