男がいないはずの老婆ヘビが「性的接触なしで」突然産卵! 謎のニシキヘビ事件に動物園も困惑!

 62歳になろうかというニシキヘビが、謎の産卵をしたことが話題となっている。60歳を超えたニシキヘビが産卵することは、記録に残る中で最高年齢だともいう。

■老女ニシキヘビがノン・セックスで産卵

 7月23日、米ミズーリ州セントルイス動物園に最も長くいる、60歳を超えるメスのニシキヘビが産卵した。しかし謎なのは、このヘビには、少なくとも15年間以上、オスとの接触はなかったのだ。

男がいないはずの老婆ヘビが「性的接触なしで」突然産卵! 謎のニシキヘビ事件に動物園も困惑!の画像1
セントルイス動物園の62歳のニシキヘビと卵 「Unexplained Mysteries」の記事より

 動物園の専門家は、このニシキヘビがどのようにして、7つの卵を産んだかを解明しようとしている。

 このヘビが産卵した7つの卵のうち、3つは孵卵器(インキュベーター)へ、2つは遺伝子サンプリングへ使用される。残りの2つの卵は生存できなかったと地元紙は報じた。孵卵器に入れた2つの卵は、1カ月以内に孵化する可能性があると期待されている。

 ミズーリ州の動物園で爬虫両棲類学の責任者を務めるマーク・ワナー氏は、中西アフリカ原産のボールパイソンが性的接触なしで繁殖するのは奇妙であるが、珍しい現象ではないという。また別の可能性として、ヘビは後の受精のために精子を蓄えられるので、このヘビは何年も前に他のヘビと交尾していた可能性もある。

 今後、行われる遺伝子サンプリングによって、卵が性的または無性的に複製されたかどうかがわかるという。

 このメスのヘビは1990年にも、ひとかたまりの卵を産んだことがあった。これは当時、ニシキヘビの入っていたケージが掃除されている間、メスのヘビがオスのヘビと一緒にバケツに入れられており、その際受精した可能性があったという。現在、この動物園にいる他のボールパイソンは、31歳のオスだというが、それぞれ別のケージで飼育されている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ