ロシア最高機密のミサイル開発者が2人の女性を殺害! 過去のイジメの復讐と供述するも、被害者とは面識なし…消された? 怪しい展開に

関連キーワード:

,

,

,

,

,

逮捕されたアレクサンドロフ。画像は「Daily Star」より

 女性2人を射殺した男がロシアで逮捕された。犯行理由はいじめっ子への復讐としているが、実は秘密ミサイル開発に関わったことによるロシア政府による口封じではないかとの噂が囁かれている。

 英紙「Daily Star」(9月30日付)によると、逮捕されたアレクセイ・アレクサンドロフ(35)は、クセニア・ソルタノワさん(29歳)とナタリア・クズネツォワさん(28歳)を殺害した容疑をかけられている。2人は銀行の同僚で、エカテリンブルク近郊の山でピクニック中にピザを食べていたところを狙われたという。

 アレクサンドロフは2人にそれぞれ3発の銃弾を放ち、医療用手袋をはめて体を草むらの中へ隠したという。この時、ナタリアさんはまだ息があり、その後1週間生き続けたが、「脳をおかゆのようにされ」(ナタリアさんの母親談)たため、意識が戻らぬまま帰らぬ人になったそうだ。

殺害された2人。画像は「Daily Mail」より

 アレクサンドロフは4人の殺害を計画していたが、2人を殺害した後に「夜も眠れなくなった」ため、計画を放棄したという。これだけであれば、いじめっ子に対する積年の恨みによる復讐劇という分かりやすいストーリーだ。きっと殺された2人はスクールカーストの頂点に位置するクイーンビーで、ナードのアレクサンドロフに陰湿ないじめをしていたのだろう……なんていう想像さえ容易にできてしまう。しかし、話はそう簡単ではないのだ。

 アレクサンドロフは犯行理由として「学校、大学でのいじめへの復讐」と語っているが、殺害された2人と面識はなく、全く顔を合わせたことがない他人だったというのだ。これでは無差別殺人である。

 1児の父で結婚もしているアレクサンドロフは、なぜ今になってこんな凶行に及んだのか? 精神に異常をきたしたのだろうか? しかし、アレクサンドロフの弁護士は彼がハメられたと主張している。

「犯行現場にアレクサンドロフのDNAは存在せず、監視カメラの記録からも特定できませんでした。発砲されたライフルも発見されていません」(弁護士)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ