【後編】ウィキリークスが暴露した「人類を脅かす企業&重大事件6つ」!製薬会社の陰謀、ファイザーのスパイ、気候変動…!

画像は「Collective Evolution」より

 内部情報告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ氏は、今後どうなってしまうのだろうか? 現在、英ロンドンの拘置所に収監されているアサンジ氏だが、今後、米国に移送されることがあれば、最悪の場合禁固175年が言い渡される恐れがあり、世界中の注目が集まっている。

 そうした中、オルタナティブサイト「Collective Evolution」(10月6日付)が、ウィキリークスが暴露した6大事件を紹介している。今回は後半の3つを取り上げる。(前編はコチラ

4、製薬会社の諜報スパイ活動

 1996年、巨大製薬会社「ファイザー」は、ナイジェリアで抗生物質の臨床実験を行い、その結果50人以上の子供が死亡、数十人に障害が残った。2006年、ナイジェリア政府委員会は、ファイザーが国際法に違反していたと結論。2007年にはナイジェリア当局が被験者となった子供たちの親から適切な同意を得ていなかったとして、同社に70億ドルの賠償を請求した。

 しかし、2009年にウィキリークスが公表した文書で、ファイザーはこの訴訟を取り下げさせるため、民間の諜報会社を雇い、ナイジェリアのマイケル・アオンドアカ司法長官を脅迫していたことが明らかになった。ファイザーの調査員は司法長官の“汚職”に関する情報を地元紙に流し、長官に圧力をかけたという。その記事が掲載された数カ月後にナイジェリアの司法省はファイザーと和解した。

5、アメリカの気候変動いじめ

 2009年12月に承認された気候変動に関する取り決め「コペンハーゲン合意」について、2010年にウィキリークスが公表した文書で、米国が国際協力を得るために各国を脅迫していたことが明らかにされている。米国は、ボリビアとエクアドルが同協定に反対した後に、両国への資金提供を削減した。これについて、気候変動団体「350.org」の創設者であるビル・マッキベン氏は、「米国は気候変動に関する自分たちの小さな立場を支持するよう、各国をいじめて、買収していた」と述べている。ちなみに当時の米大統領はノーベル平和賞を受賞した民主党のバラク・オバマ氏である。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ