南米ナスカの地上絵は巨大ネコではない! 専門家解説「宇宙人拉致事件の証拠」「3本の角が生えた異星人の絵」も発見!

南米ナスカの地上絵は巨大ネコではない! 専門家解説「宇宙人拉致事件の証拠」「3本の角が生えた異星人の絵」も発見!の画像1
画像は「UFO Sightings Daily」より

 南米ペルーの「ナスカの地上絵」。誰が、どんな目的で製作したのかさえ、研究者間でコンセンサスが取れていない世界的ミステリーだが、その謎がさらに深まる新たな地上絵の存在が明らかになった。

 UFOブログ「UFO Sightings Daily」(10月19日付)によると、なんとカンガルーの地上絵が発見されたというのだ。ちょっと待て、カンガルーの生息地域はオーストラリア大陸、タスマニア島、ニューギニア島である。そしてナスカの地上絵があるのは南米ペルーだ。普通に考えれば、ナスカの地上絵にカンガルーが存在するはずがない! それは2000年前も変わらないだろう。

 そのため賢明なる科学者らは、この地上絵を「猫」だとしているが、世界的UFO研究家のスコット・ウェアリング氏は「カンガルー」だと言ってはばからない。

「猫だと報道されていますが、猫には似ていません。私はカンガルーだと思います。ペルーにはカンガルーはいませんでしたが、当時の人々はUFOに乗せられ、地球上の他の場所に連れて行かれて、そこで観察や学習をしたのではないかと思います。オーストラリアで発見されたカンガルーの化石は2000万年前にまでさかのぼり、これは宇宙人が古代のペルーを訪問しただけでなく、当時の人間がどのように反応し、学習するかを見るために、他の大陸に連れて行った証拠です。これにより、古代の人々が他の大陸を訪れる方法がなかったにもかかわらず、ピラミッド型の建造物が世界中にある理由も説明できます。宇宙人が彼らを拉致して、世界、他の大陸、動物、植物、そして他の文化の構造さえも見られるようにしたのです。このナスカの地上絵は、2000年前にも宇宙人が人間を拉致したことを100%証明しています」(ウェアリング氏)

 宇宙人の介入があったとする古代宇宙飛行士説をウェアリング氏は支持している。この地上絵がカンガルーだとすれば、それがもっとも適切な説明と言えるかもしれない。実は、ナスカの地上絵には宇宙人と思しき姿も描かれているのだ。

南米ナスカの地上絵は巨大ネコではない! 専門家解説「宇宙人拉致事件の証拠」「3本の角が生えた異星人の絵」も発見!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで