超正統派ユダヤの恐すぎる“通夜の儀式”がテーマのホラー映画『ザ・ヴィジル~夜伽~』が心臓・脳・魂に悪すぎて超ヤバい!【編集長厳選作品紹介】

◆本気で怖いホラー映画

超正統派ユダヤの恐すぎる通夜の儀式「夜伽」をテーマにしたホラー映画『ザ・ヴィジル~夜伽~』が心臓・脳・魂に悪すぎて超怖い!【編集長厳選作品紹介】の画像5
『ザ・ヴィジル~夜伽~』© 2019 The Vigil Movie, LLC. All RIGHTS RESERVED.

 暗く荒廃した部屋の中で起きる不気味な現象の数々は夢なのか、現実なのか、それとも主人公の幻覚なのか、見ている側も混乱し、そして脳と心が錯乱する。心理的恐怖、ビジュアル的恐怖、超正統派ユダヤという未知なる領域が生み出す恐怖もさることながら、観客を恐がらせることを意図して急に大きな音などを出す“ジャンプスケア”も活用したことで、ただの小難しいホラーではなく、心臓に悪いレベルの“本気で怖いホラー”として完成されているところが本作の魅力だろう。

◆ユダヤの死生観とホラーがマッチ

超正統派ユダヤの恐すぎる通夜の儀式「夜伽」をテーマにしたホラー映画『ザ・ヴィジル~夜伽~』が心臓・脳・魂に悪すぎて超怖い!【編集長厳選作品紹介】の画像6
『ザ・ヴィジル~夜伽~』© 2019 The Vigil Movie, LLC. All RIGHTS RESERVED.

 個人的には、輪廻転生を受け入れないユダヤ教において、「人生一度きり」だからこそ、死を重んじ、故人の記憶を畏れ、今生きている人間へ超自然的なかたちで繋いでいく様子が、ホラーを通すことでより重く心に突き刺さった点が興味深かった。

 奇しくも新型コロナウイルスの流行で、集団での礼拝や葬儀など伝統を重んじるが故に感染が拡大してしまい、批判が集中している超正統派ユダヤだが、彼らの集合的記憶や組織の中にいた者の葛藤などについても考えさせらる、今だからこそ観たい「時事的ホラー映画」でもある。少しでも興味がある人はぜひ観てみてほしい。


★『ザ・ヴィジル~夜伽~』は2020年10月30日(金)より「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020」で上映!★

・ シッチェス映画祭HPはこちら

文=角由紀子

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

超正統派ユダヤの恐すぎる“通夜の儀式”がテーマのホラー映画『ザ・ヴィジル~夜伽~』が心臓・脳・魂に悪すぎて超ヤバい!【編集長厳選作品紹介】のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで